StarterおよびEngineのセットアップ

Runname_nnnn.staは、Radioss Engineファイルに以下のキーワードを入力することによって書き込まれます。

これは、Engineファイル内の/STATE/DTで設定する必要があります。

   /STATE/DT
   Tstart    Tfreq
   Part_ID1 ... Part_IDN

STATEファイルは時間周波数Tfreqを使用して書き出されます。また、最初のファイルは時間Tstartに書き出されます。

バージョン11.0以降では、Engineファイル内で/STATE/STR_FILEを使用して、圧縮(gzipを使用)可能な別のファイルに/INISHE/INISH3、および/INIBRIを書き込むこともできます。

このファイルは、同じキーワードの/STATE/STR_FILEを使用してStarterで読み込むことができます(Runname_run#.staファイル)。

対応する StarterおよびEngine キーワード

Starter キーワード Engineキーワード コメント
/INIBEAM/AUX /STATE/BEAM/AUX ビームの補助変数を各状態ファイルに書き込みます。
/INIBEAM/FULL /STATE/BEAM/FULL ビームの力、モーメント、エネルギーなどを各状態ファイルに書き込みます。
/INIBRI/AUX /STATE/BRICK/AUX/FULL ソリッドの補助変数を各状態ファイルに書き込みます。
/INIBRI/STRA_F /STATE/BRICK/STRAIN/FULL ソリッドのひずみテンソルを各状態ファイルに書き込みます。
/INIBRI/STRA_FGLO /STATE/BRICK/STRAIN/GLOBFULL 全体座標系内のソリッドのひずみ状態を各状態ファイルに書き込みます。
/INIBRI/STRS_F /STATE/BRICK/STRES/FULL ソリッドの応力テンソルを各状態ファイルに書き込みます。
/INIBRI/STRS_FGLO /STATE/BRICK/STRES/GLOBFULL 全体座標系内のソリッドの応力状態を各状態ファイルに書き込みます。
/INIBRI/FAIL /STATE/BRICK/FAIL ソリッドの破壊基準を各状態ファイルに書き込みます。
/INIBRI/ORTHO /STATE/BRICK/ORTHO 直交異方性ソリッドの直交異方性方向を各状態ファイルに書き込みます。
/INISHE/AUXまたは/INISH3/AUX /STATE/SHELL/AUX/FULL シェルの補助変数を各状態ファイルに書き込みます。
/INISHE/EPSP_Fまたは/INISH3/EPSP_F /STATE/SHELL/EPSP/FULL シェル要素の積分点における塑性ひずみを各状態ファイルに書き込みます。
/INISHE/FAIL /STATE/SHELL/FAIL シェル要素の破壊基準を各状態ファイルに書き込みます。
/INISHE/ORTH_LOCまたは/INISH3/ORTH_LOC /STATE/SHELL/ORTHL シェルごとの直交方向を各状態ファイルに書き込みます。
/INISHE/STRA_Fまたは/INISH3/STRA_F /STATE/SHELL/STRAIN/FULL シェルのひずみテンソルを各状態ファイルに書き込みます。
/INISHE/STRS_F/GLOBまたは/INISH3/STRS_F/GLOB /STATE/SHELL/STRESS/FULL シェルの応力テンソルを各状態ファイルに書き込みます。
/INISPRI/FULL /STATE/SPRING/FULL スプリングの応力テンソルを各状態ファイルに書き込みます。
/INITRUSS/FULL /STATE/TRUSS/FULL トラスの力、エネルギーなどを各状態ファイルに書き込みます。
/INITEMP /STATE/NODE/TEMP 節点の温度を各状態ファイルに書き込みます。
/STATE/LSENSOR センサーのアクティブ化による状態ファイルへの書き込み

Runname_0001.radの例

/TITLE
specimen                                                      
/VERS/140
/RUN/TEST_LOI70_INISTA/1
0.0001
/DT/NODA/CST
0 0.0002
/TFILE/4
#            dT_HIS
0.001000
/PRINT/-1
/ANIM/DT
#   TSTART     TFREQ
0.000000 0.200000
/ANIM/MASS
/ANIM/GZIP
/MON/ON
/STATE/DT
#   TSTART     TFREQ
0.000000 0.100000
1 
/STATE/BRICK/STRAIN/FULL
/STATE/BRICK/AUX/FULL

Runname_0001.staファイルの例

#RADIOSS STATE FILE TEST_LOI70_INISTA_0001.sta
/BRICK/         1
#  BRICKID      NOD1      NOD2      NOD3      NOD4      NOD5      NOD6      NOD7      NOD8
      2264      2362      2363      2403      2402     15496     15499     15500     15497
      2265      2363      2364      2404      2403     15499     15501     15502     15500
      2266      2364      2365      2405      2404     15501     15503     15504     15502
      ...
     16049     17932     17933     17973     17972      7918      7919      7959      7958
/NODE
#    NODID               XCOOR               YCOOR               ZCOOR
      2362-9.4860320632213E+01-9.7566652635510E+01-2.1349724131947E+02
      2363-8.9732511272041E+01-9.7566504906095E+01-2.1354273831056E+02
      2403-8.9732587846314E+01-9.2432640570356E+01-2.1354276090585E+02
       ...
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|----10---|
/INIBRI/STRA_F
#------------------------ REPEAT -------------------------
#  BRICKID       NPT    ISOLNOD    ISOLID
# IF(NPT /= 0) REPEAT K=1,NPT 
#    E1,  E2,  E3
#   E12, E23, E31
#------------------------ REPEAT -------------------------
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|----10---|
      2264         1         8         1
-5.0438655364508E-05 8.6229170230857E-04 2.8990365078826E-05
 2.3469460795598E-06 6.5900445290114E-06 1.5812215799661E-04
      2265         1         8         1
-1.8719100585017E-04 9.3265313414179E-04 6.8570078668737E-05
 1.2843456314422E-05-1.9218559255100E-05-5.1933993650876E-05
      2266         1         8         1
-3.0710035014301E-04 1.0160141185918E-03 1.7571927484993E-04
-2.0907794611084E-05-8.9656877740873E-06-2.1109233934431E-04 
...
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|----10---|
/INIBRI/AUX
#------------------------ REPEAT --------------------------
#  BRICKID       NPT
# IF(NPT /= 0) REPEAT K=1,NPT : REPEAT I=1,NPG :
#    S1,  S2,  S3
#   S12, S23, S31
#---------------------- END REPEAT ------------------------
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|----10---|
      2264         1         8         1         0         0        10
 0.0000000000000E+00 1.7602676312553E-05 2.0357600000000E-02
 8.7146844804545E-04 0.0000000000000E+00 1.7602676312553E-05
 0.0000000000000E+00 6.7762635780344E-21 9.5516513254258E-04
 1.2688798747243E-02
      2265         1         8         1         0         0        10
 0.0000000000000E+00 1.9007938166799E-05 2.8620778174113E-02
 9.5456792347511E-04 0.0000000000000E+00 1.9007938166799E-05
 0.0000000000000E+00 4.1064089095073E-02 3.3000834605586E-02
 4.1013062401391E-02
      2266         1         8         1         0         0        10
 3.9825245072209E-02 2.1859375758609E-05 2.0357600000000E-02
 1.0862832620320E-03 0.0000000000000E+00 2.1859375758609E-05
 0.0000000000000E+00 0.0000000000000E+00 3.2513011703713E-02
 1.3552527156069E-20
...
#ENDDATA

コメント

  1. そのタイプの要素が存在しない場合でも、必ず、要素の先頭行が書き込まれます。このような場合は、オプションの下に空白行が追加されます。
  2. 先頭行は、必ず、/IOFLAGキーワードに従って“#RADIOSS Runname_nnnn.sta”にします。
  3. Runname_nnnn.staファイルは、必ず#ENDDATAで終わります。