/INIBRI/STRS_F

ブロックフォーマットキーワード 3次元ソリッドの初期状態(局所座標系での完全応力、積分点ごとの値)を記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/INIBRI/STRS_F/unit_ID
STRS_F、かつ1つまたは8つの積分点を持つ8節点ソリッド要素の場合
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
brick_ID Nb_integr Isolnod Isolid            
各積分点について(Nb_integr > 0):
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
Eint ρ            
σ 1 σ 2 σ 3        
σ 12 σ 23 σ 31        
ε p                
STRS_Fかつ16節点または20節点ソリッド要素、8節点HA8要素、8節点HSEPH要素、6節点PA6要素、10節点四面体、または節点五面体要素の場合
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
brick_ID Nb_integr Isolnod Isolid            
各積分点について(Nb_integr > 0):
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
σ 1 σ 2 σ 3        
σ 12 σ 23 σ 31        
ε p Eint ρ        

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
brick_ID 要素識別子

(整数)

 
Nb_integr 積分点の数

この要素のプロパティ定義に対応します。

(整数)

 
Isolnod ソリッド要素の節点の数

(整数)

 
Isolid ソリッド要素の定式化

この要素のプロパティ定義のソリッド要素定式化に対応します。

(整数)

 
ε p 塑性ひずみ

(実数)

 
σ 1 応力

(実数)

 
σ 2 応力

(実数)

 
σ 3 応力

(実数)

 
σ 12 せん断応力

(実数)

 
σ 23 せん断応力

(実数)

 
σ 31 せん断応力

(実数)

 
Eint ソリッド要素の内部エネルギー

(実数)

 
ρ 体積質量

(実数)

 

コメント

  1. 3次元ソリッドの初期状態の定義には、複数のブロックを使用できます。
  2. Nb_integr > 1のときに、Keyword2 = STRS_F、かつ積分点が1つまたは8つの8節点ソリッド要素である場合は、積分点ごとにオプションの継続行を繰り返す必要があります。

    フォーマット行4、フォーマット行5、フォーマット行6

  3. Nb_integr > 1のときに、Keyword2 = STRS_FGLOかつ16または20節点ソリッド要素、8節点HA8要素、8節点HSEPH要素、6節点PA6要素、8節点HSEPH要素、6節点PA6要素、10節点四面体または6節点五面体要素の場合、積分点ごとにオプションの継続行を繰り返す必要があります。

    フォーマット行3、フォーマット行4、フォーマット行5

  4. /INIBRI/STRS_Fを使用した場合、変形後の要素の密度はないとみなします。最初のサイクルの前に、Radiossは、入力応力テンソルと材料データ(剛性および密度)との整合性を確認します:(1)
    D = s 11 + s 22 + s 33 3 B u l k ( 1 ρ ρ 0 ) = 0 MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaamiraiabg2 da9maalaaabaGaam4CamaaBaaaleaacaaIXaGaaGymaaqabaGccqGH RaWkcaWGZbWaaSbaaSqaaiaaikdacaaIYaaabeaakiabgUcaRiaado hadaWgaaWcbaGaaG4maiaaiodaaeqaaaGcbaGaaG4maaaacqGHsisl caWGcbGaamyDaiaadYgacaWGRbGaeyyXIC9aaeWaaeaacaaIXaGaey OeI0YaaSaaaeaacqaHbpGCaeaacqaHbpGCdaWgaaWcbaGaaGimaaqa baaaaaGccaGLOaGaayzkaaGaeyypa0JaaGimaaaa@5293@
    ここで、
    ρ 0
    Starterファイルで定義されている密度
    ρ
    状態ファイル内の密度
    応力が十分でないと、Radiossは、応力テンソルの対角エントリを次のように修正します: (2)
    σ i i n i t i a l = σ i i n p u t D

    i MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbwvMCKf MBHbqefqvATv2CG4uz3bIuV1wyUbqedmvETj2BSbqefm0B1jxALjhi ov2DaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0lbbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8 qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0RYxir=Jbba9q8aq0=yq=He9 q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaacaGacmGadaWaaiqacaabaiaafaaake aacaWGPbaaaa@39C5@ =1,2,3)