/INISHE/EPSP_Fまたは/INISH3/EPSP_F

ブロックフォーマットキーワード 各積分点におけるシェルの初期塑性ひずみを記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/INISHE/EPSP_F/unit_IDまたは
/INISH3/EPSP_F/unit_ID
shell_ID nb_integr npg Thick          
ε p1 ε p2 ε p3 ε p4 ε p5

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
shell_ID 要素識別子

(整数)

 
nb_integr 板厚を通過する積分点の数

シェルプロパティで指定された積分点の数と一致する必要があります。

(整数)

 
npg サーフェス求積点の数シェルプロパティで使用される定式化に従って設定する必要があります。
= 0(デフォルト)
1に設定します。
= 1
shell_ID =1、2、3、4またはIsh3n =1、2、31のシェル定式化に使用する必要があります。
= 3
DKT18のシェル定式化(Ish3n =30)に使用する必要があります。
= 4
BATOZまたはQEPHの定式化(shell_ID =12、24)に使用する必要があります。

(整数)

 
Thick シェル厚。これは、プロパティ定義またはシェル定義の板厚の代わりに使用されます。

(実数)

 
ε p1 第1塑性ひずみ

(実数)

 
ε p2 第2塑性ひずみ

(実数)

 
ε p3 第3塑性ひずみ

(実数)

 
ε p4 第4塑性ひずみ

(実数)

 
ε p5 第5塑性ひずみ

(実数)

 

コメント

  1. npg = 0または1の場合、1番目の点からnb_integr番目の点までの塑性ひずみ値のリストに限定されます。
  2. Epspの値は、シーケンス行4において下記の順序で指定されます。
    • 板厚を通過する各積分点、j=1, nb_integr
    • 各サーフェス求積点、i=1,npg
    • 入力 ε pi,j