乱流壁

乱流壁要素は k ε モデルの拡散方程式と共に系の完結を定義します。

乱流壁条件は少なくとも1つの節点に固定境界条件(111 .........)またはLagrange条件(.........111)。

シェルに結合された自由節点に対して、これらは明らかにLagrangeですが、Radioss入力内でLagrange条件を明示的に宣言する必要があります。


図 1.

系の壁境界の節点境界条件の宣言を行わない場合、不確定と発散を引き起こす可能性があります。 k ε モデルの使用は、問題に少なくとも1つの乱流壁がなければならないことを意味しています。

壁要素サイズ

通常、 γ 2 + の値は限界として考慮され、管路に対して γ 2 + の値で最大でも3000でよい結果が得られます。現実的な値としては、100から1000の間が良いでしょう。

ここで、(1)
y 2 + = ( u * y 2 ) / v
ここで、
u *
摩擦速度
γ 2
壁に垂直な要素サイズ
ν
層流の運動学的速度
Radiossでは、 γ 2 + は下記とも等しくなります:(2)
y 2 + = 4.77 ( ν t ν )

ここで、 ν t MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqyVd42aaS baaSqaaiaadshaaeqaaaaa@38D3@ は、乱流の運動学粘性です。

一般的に、メッシュは γ 2 + の値のある種のトレードオフでの適当なレベルで構築されます。値が高すぎる場合、これは境界層がうまく組み込まれていないことを意味します。境界層が離れる開いたケースでは、物体の後ろのメッシュサイズは主に渦のサイズによって支配されます。このケースでは、精度は壁要素のサイズには支配されず、アルゴリズムの質に支配されると考えられます。