/TH/SUBS

ブロックフォーマットキーワード サブセットの時刻歴を記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/TH/SUBS/thgroup_ID
thgroup_name
var_ID1 var_ID2 var_ID3 var_ID4 var_ID5 var_ID6 var_ID7 var_ID8 var_ID9 var_ID10
Obj_ID1 Obj_ID2 Obj_ID3 Obj_ID4 Obj_ID5 Obj_ID6 Obj_ID7 Obj_ID8 Obj_ID9 Obj_ID10

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
thgroup_ID TH グループの識別子

(整数、最大10桁)

 
thgroup_name TH グループ名

(文字、最大100文字)

 
var_ID1、...n TH向けに保存される変数(下の表をご参照ください)

(文字、最大8文字)

 
Obj_ID1、...n 保存するオブジェクトの識別子

(整数)

 

TH出力キーワードと変数

キーワード 保存されるオブジェクト 変数
SUBS サブセット IE, KE, XMOM, YMOM, ZMOM, MASS, HE

TURBKE, XCG, YCG, ZCG, XXMOM, YYMOM, ZZMOM

IXX, IYY, IZZ, IXY, IYZ, IZX, RIE, KERB, RKERB, RKE

可能な変数 - パート 2

キーワード 変数グループ 保存されるTH変数
SUBS DEF IE, KE, XMOM, YMOM, ZMOM, MASS, HE

全体スキューシステムでのサブセットの出力

  • IE: 内部エネルギー
  • KE: 運動エネルギー
  • XMOM: 全体参照フレームのX 方向の並進運動量
  • YMOM: 全体参照フレームのY 方向の並進運動量
  • ZMOM: 全体参照フレームのZ 方向の並進運動量
  • MASS: パートの質量
  • HE: アワグラスエネルギー
  • TURBKE: 乱流運動エネルギー(流体アプリケーションの場合のみ)
  • XCG: 重心の座標
  • YCG: 重心の座標
  • ZCG: 重心の座標
  • XXMOM: 全体参照フレームのX方向の回転運動量
  • YYMOM: 全体参照フレームのY方向の回転運動量
  • ZZMOM: 全体参照フレームのZ方向の回転運動量
  • IXX: 慣性マトリックス
  • IYY: 慣性マトリックス
  • IZZ: 慣性マトリックス
  • IXY: 慣性マトリックス
  • IYZ: 慣性マトリックス
  • IZX: 慣性マトリックス
  • RIE: せん断内部エネルギー
  • KERB: 剛体の並進運動エネルギー
  • RKERB: 剛体の回転運動エネルギー
  • RKE: 回転運動エネルギー

コメント

  1. パート(各サブセット)を複数の時刻歴グループに含めることはできません。この場合、時刻歴に出力される唯一の変数は、パート(各サブセット)を参照している最後のオプションで宣言されている変数です。
  2. 使用可能な名前は上の2つの表に示されています。

    最初の表にはTH変数が示されています。TH変数が要求されると、この変数が書き込まれます。

    2番目の表にはその他の変数グループが示されています。変数グループが要求されると、関連するすべてのTH変数がただちに書き込まれます。

  3. 2次元軸対称計算では、エネルギーはラジアン単位で定義されます。
  4. サブセットまたはパートの出力(/TH/SH3Nまたは/TH/SHELのみ):

    HE: 粘性エネルギーを持つ全体的なアワグラスエネルギー。QBATおよびQEPHシェルの定式化(Ishell =12、24)を使用する場合に、数値の安定化のために追加されます(/PROP/TYPE1(SHELL)をご参照ください。)