/TH/NSTRAND

ブロックフォーマットキーワード マルチストランド要素の時刻歴を記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/TH/NSTRAND/thgroup_ID
thgroup_name
var_ID1 var_ID2 var_ID3 var_ID4 var_ID5 var_ID6 var_ID7 var_ID8 var_ID9 var_ID10
xelem_ID                  
xelem_nb xelem_usr xelem_name      

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
thgroup_ID TH グループの識別子

(整数、最大10桁)

 
thgroup_name TH グループ名

(文字、最大100文字)

 
var_ID1、...n TH向けに保存される変数(下の表をご参照ください)

(文字、最大8文字)

 
xelem_ID マルチストランド要素の識別子

(整数)

 
xelem_nb マルチストランド要素のストランド順序番号

(整数)

 
xelem_usr ユーザーが指定したストランドの識別子 4

(整数)

 
xelem_name マルチストランド要素の名前 4

(文字、最大80文字)

 

TH出力キーワードと変数

キーワード 保存されるオブジェクト 変数
NSTRAND マルチストランド OFF, FX, LX, IE

可能な変数 - パート 2

キーワード 変数グループ 保存されるTH変数
NSTRAND DEF OFF, FX, LX, IE

NSTRANDの出力

  • OFF: 非アクティブ化 5
  • FXLXは局所フレームで指定します。
  • IE: 内部エネルギー

コメント

  1. 使用可能な名前は上の2つの表に示されています。

    最初の表にはTH変数が示されています。TH変数が要求されると、この変数が書き込まれます。

    2番目の表にはその他の変数グループが示されています。変数グループが要求されると、関連するすべてのTH変数がただちに書き込まれます。

  2. グループで使用できるnstrand要素は1つだけです。
  3. 1つのグループ内で2つのxelem_usrに等しい値を設定しないでください。
  4. 時間歴にはxelem_usrxelem_nameが両方表示されます。
  5. OFF:
    • 0.0: 削除された要素
    • 1.0: アクティブな要素
    • 2.0(シェル / ソリッド): 小ひずみを用いてアクティブな要素
    • 負の値-1/-2は要素が剛体中で待機中の場合

    要素削除前の数サイクル中に複数の中間値が見つかることがあります(数サイクル中にオフになる漸減は、倍数因子として応力に適用されます。この結果、応力は徐々に消滅し、10サイクル以内に要素が削除されます)。このプロセスは、すべてではなく一部の要素タイプにのみ適用されます。