スプリングTYPE4- 1自由度スプリング(/PROP/SPRING)

スプリングTYPE4は単純な物理スプリング、物理ダッシュポット、平行スプリングとダッシュポットです。

時間ステップはスプリングの質量、剛性と減衰に依存します。


図 1. スプリングTYPE4 - 時間ステップ

限界時間ステップは陽的時間積分の安定性を保証しますが、スプリングの振動挙動の高い精度を保証するものではありません。自由スプリングの1振動周期の間、2つの時間ステップしかありません。真のSin関数挙動を再現するには、時間ステップを1/5以下に減らします。スプリングが2つのパートの結合に使用される場合、スプリングの振動周期が長くなり、デフォルトのスプリング時間ステップにより安定性と精度を保証できます。

スプリングTYPE4は 1自由度のみを持ち、軸方向の伸びと圧縮にのみ抵抗します。2節点に作用する力は常に方向1-2と同一直線上になります。


図 2. スプリングTYPE4での同一直線上の力
スプリングが圧縮を受ける場合、長さ0に到達する可能性があり、その時内力の向きは任意になります(図 3)。これは安定性の問題を引き起こす可能性があり、避けるべきです。


図 3. 長さ0のスプリングの不安定性

詳細については、Radioss Theory Manualをご参照ください。