/SPRING

ブロックフォーマットキーワード スプリング要素を定義します。これは結合のモデル化に使用されます。スプリングのプロパティは局所スプリング座標系に適用されます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/SPRING/part_ID
sprg_ID node_ID1 node_ID2 node_ID3 node_ID4 node_ID5 node_ID6     Skew_ID

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
part_ID ブロックのパート識別子。

(整数、最大10桁)

 
sprg_ID 要素識別子

(整数)

 
node_ID1 スプリング用の節点識別子1

(整数)

 
node_ID2 スプリング用の節点識別子2

(整数)

 
node_ID3 節点識別子3

(整数)

 
node_ID4 節点識別子4

(整数)

 
node_ID5 節点識別子5

(整数)

 
node_ID6 節点識別子6

(整数)

 
Skew_ID オプション:スキュー座標系識別子。

スプリングが/PROP/SPR_MAT (TYPE23)/MAT/LAW108 (SPR_GEN)を使用して定義されているときのみ使用されます。 8

(整数)

 

コメント

  1. その識別子は、それぞれの要素ファミリー内で一意である必要がありますが、グローバルモデルにおいて、各要素タイプが固有の要素識別子を持つことが推奨されます。
  2. パートの定義には複数のスプリングブロックを使用できます。
  3. 1ブロック内に任意の数のスプリングを定義できます。
  4. /MAT/LAW108 (SPR_GENE)または/PROP/TYPE23 (SPR_MAT)/MAT/LAW108 (SPR_GENE)を指定したスプリング要素の長さは0にすることができます。
  5. /PROP/TYPE12 (SPR_PUL)/PROP/TYPE13 (SPR_BEAM)/PROP/TYPE23 (SPR_MAT)、および/PROP/TYPE13 (SPR_BEAM)/MAT/LAW113 (SPR_BEAM)を指定したスプリング要素の長さは0にすることはできません。
  6. スプリング要素は、以下の2つの節点を使用して定義されます:node_ID1node_ID2
    平面XYは、3つの節点(node_ID1node_ID2、およびnode_ID3)を使用して定義されます。3つ目の節点node_ID3では、非対称スプリング(/PROP/TYPE13または/MAT/LAW113)のY方向も定義されます。

    spring_element_10
    図 1.
  7. node_ID5node_ID6は将来の新しいジョイントタイプのために予約されています。
  8. /PROP/SPR_MAT/MAT/LAW108を使用したスプリング要素の場合、/SPRING Skew_IDを使用した各要素にローカル座標を定義することができます。各要素にSkew_IDが指定されていない場合、Skew_IDを使用してローカル座標が/PROP/TYPE23 (SPR_MAT)に定義されます。座標が要素またはプロパティ内で指定されていない場合、グローバル座標が使用されます。