/SET

ブロックフォーマットキーワード 他のエンティティから参照できる一般的なエンティティセットを定義します。

このセットは、要素、節点、セグメント、パートなどのさまざまなタイプのエンティティを組み合わせて構成できます。各エンティティタイプはKeyで定義し、それに続いてitem_IDのリストを記述します。別のKeyとそれに対応するitem_IDを記述することで、別のエンティティを追加できます。同じKeyエンティティについて、複数のitem_IDn個の行を繰り返して記述できます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/SET/set_type/set_ID
set_title
Key_OP1 item_ID1 item_ID2 item_ID3 item_ID4 item_ID5 item_ID6 item_ID7 item_ID8 item_ID9
  item_ID11 item_ID12 item_ID13 etc 同様 item_IDn      
Key_OP2 item_ID1 item_ID2 item_ID3 item_ID4 item_ID5 item_ID6 item_ID7 item_ID8 item_ID9
  item_ID11 item_ID12 item_ID13 etc 同様 item_IDn      
Key_OPn item_ID1 item_ID2 item_ID3 etc          
Key_OP =SEGの場合はサーフェスセグメントを定義します。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
SEG seg_Idn node_ID1 node_ID2 node_ID3 node_ID4        
OP = Gの場合は、最初のID、最後のID、インクリメントIDを使用して、このセットが生成されます。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
Key_G first_ID1 last_ID2 Incr1-2 first_ID3 last_ID4 Incr3-4 first_ID5 last_ID6 Incr5-6
Key = BOXであるか、OP = BSHELL_Bなどである場合はボックス識別子が列挙されます。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
Key_B box_ID1 box_ID2 box_ID3 box_ID4 box_ID5 box_ID6 box_ID7 box_ID8 box_ID9
Key = ALLである場合は何のエンティティも記述されません。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
ALL BLANK

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
set_type セットタイプ。
GENERAL
一般的なセットの定義。
 
set_ID セット識別子。

/GRNOD/GRElement/SURF/LINEGRPARTのどれでも、セット識別子を識別子として使用することはできません。

(整数、最大10桁)

 
set_title セットのタイトル。

(文字、最大100文字)

 
Key 読み取るエンティティを定義するキーワード。 1
ALL
すべてのモデル
BEAM
ビーム要素IDのリスト
BOX 5
ボックスIDのリスト。ボックスの中にすべての節点が存在するエンティティを追加します。
BOX2 5
ボックスIDのリスト。ボックスの中に節点が1つ以上存在するエンティティを追加します。
NODE
節点IDのリスト
PART
パート(コンポーネント)のリスト
QUAD
4節点2Dソリッド要素IDのリスト
SEG
サーフェス要素またはライン要素のリスト
SET
セットのリスト
SH3N
3節点シェル要素IDのリスト
SHELL
4節点シェル要素IDのリスト
SOLID
任意のタイプの3Dソリッド要素IDのリスト
SPRING
スプリング要素IDのリスト
SUBS
サブセットのリスト
TRIA
3節点2Dソリッド要素IDのリスト
TRUSS
トラス要素IDのリスト
 
OP オプションのキー接尾辞。
= A
パート、サブセット、サブモデル、またはボックスのすべてのファセットとすべてのエッジ
= B
box_IDで定義されたボックスに存在するエンティティを追加します。
= C
box_IDで定義されたボックス内部に節点を1つ以上持つエンティティを追加します。
= D
セットからエンティティを削除します。
= E
パート、サブセット、サブモデル、またはボックスの外部ファセットまたは外部エッジにあるパート、サブセット、サブモデルまたはボックス、および節点の外部ファセットのみまたは外部エッジのみ
= G
2つのアイテムIDの間にあるエンティティのリスト、およびその間のインクリメントを生成します。
= I
セット間の交差
= O
サーフェスセグメントの法線方向を反転し、このセットにエンティティを追加します。
 
item_ID1, item_ID2,... item_IDn エンティティ識別子のリスト。

(整数)

 
seg_IDn セグメント識別子。

(整数)

 
node_ID1 セグメント定義の節点識別子1。

(整数)

 
node_ID2 セグメント定義の節点識別子2。

(整数)

 
node_ID3 セグメント定義の節点識別子3(ラインセグメントでは不要)

(整数)

 
node_ID4 セグメント定義の節点識別子4(ラインセグメントまたは3節点の/SHE3N三角形セグメントでは不要)

(整数)

 
first_ID1, last_ID2 first_ID1からlast_ID2までIncr1-2のインクリメントで存在するエンティティのリスト

(整数)

 
Incr1-2Incr3-4・・・ first_ID1からlast_ID2までのリスト生成に使用するインクリメント値

デフォルト = 1(整数)

 
box_IDn Key=BOXまたはBOX2の場合、あるいはOP= BまたはCの場合に使用するボックス識別子。  

キータイプ

互換性に関する次の表に従って、複数のオプションを組み合わせることができます。
キー エンティティ入力  
    A B C D E G I O
ALL すべてのモデル                
BEAM ビーム要素        
BOX ボックスの内部に定義したすべてのエンティティ        
BOX2 ボックスの中に存在する1つ以上の節点を使用して定義したすべてのエンティティ        
NODE 節点        
PART パート      
QUAD 4節点2Dソリッド要素        
SEG サーフェスセグメントまたはラインセグメント            
SET エンティティのセット          
SH3N 3節点シェル要素      
SHELL 4節点シェル要素      
SOLID あらゆる3Dソリッド要素        
SPRING スプリング要素        
SUBS サブセット      
TRIA 3節点2Dソリッド要素        
TRUSS トラス要素        
キー
説明
PART
デフォルトの抽出オプションを使用してパートを追加します。
PART_D
パートを削除します(ソリッドパートにあるすべてのセグメントや、すべてのエッジ)。
PART_GAまたはPART_AG
生成オプションを使用してパート(すべてのセグメントとすべてのエッジ)を追加します。
SHELL_GOまたはSHELL_OG
生成によってシェル要素を追加し、その法線方向を反転します。

コメント

  1. 定義したKEY_OPには、item_IDをIDとする複数の行を入力できます。これは、このブロックに対してブロックとエンティティの抽出操作を実行することを定義します。OP=Eオプションを使用すると、このブロックで定義したエンティティから外部セグメントまたは外部エッジが抽出されます。
  2. set_IDは、/GRNOD/GRElement/SURF/LINE/GRPARTのどのグループIDとも異なる識別子とする必要があります。
  3. /GRNOD/GRElement/SURF/LINE/GRPARTを参照しているあらゆるエンティティで、/SETset_IDを参照できます。その例として、/IMPDISP/CLOAD/INTER/TYPE7/SECTがあります。
  4. 存在しないitem_IDiまたはbox_IDiは無視され、Starter出力ファイルに警告メッセージが出力されます。
  5. Key=BOXまたはOP=Bの場合、エンティティのすべての節点は、このセットに追加するエンティティのボックスの中に存在する必要があります。Key=BOX2またはOP=Cの場合、エンティティの1つ以上の節点が、このセットに追加するエンティティのボックスの中に存在する必要があります。
  6. セットがキーワードによって参照されている場合は、参照先のエンティティ(節点、サーフェス、ライン、または要素)が自動的にセットから抽出されます。以下に例を挙げます。

    ソリッド要素: デフォルトでは、3Dソリッド要素と2Dソリッド要素から外部セグメントまたは外部エッジのみが抽出されます。キーオプションOP=Aを使用すると、すべてのセグメントとエッジを取得できます。

    シェル要素: デフォルトですべてのエッジが抽出されます。キーオプションOP=Eを使用するとフリーエッジのみを取得できます。

    節点: デフォルトで、このセットからすべての節点が抽出されます。キーオプションOP=Eを使用すると、シェル要素のフリーエッジにあるソリッド要素または節点の外部セグメントから節点のみを取得できます。

  7. エンティティは自動的に次のように抽出されます。
    必要なセット 内容
    節点セット、/GRNOD
    OP=A(デフォルト)
    選択したエンティティのすべての節点。
    OP= E
    Keyブロックで定義しているソリッド要素の外部フェイスにある節点。
    Keyブロックで定義しているシェル要素のフリーエッジにある節点。
    他の要素のすべての節点。
    要素セット、/GRelement 選択したエンティティのすべての要素。
    サーフェス、/SURF
    OP=E(デフォルト)
    Keyブロックで定義しているソリッド要素の外部フェイスのみ。
    シェル要素のすべてのセグメント。
    OP=A
    ソリッド要素のすべてのセグメント(外部および内部)
    シェル要素のすべてのセグメント。
    ライン、/LINE
    デフォルト
    Keyブロックで定義しているソリッド要素の外部フェイスにあるエッジのみ。
    シェル要素のすべてのエッジ。
    ビーム要素、トラス要素、およびスプリング要素のすべてのエッジ。
    OP=A
    ソリッド要素のすべてのエッジ(外部および内部)
    シェル要素のすべてのエッジ。
    ビーム要素、トラス要素、およびスプリング要素のすべてのエッジ。
    OP= E
    Keyブロックで定義しているソリッド要素の外部フェイスにあるエッジのみ。
    Keyブロックで定義しているシェル要素にあるフリーエッジのみ。
    ビーム要素、トラス要素、およびスプリング要素のフリーエッジ。