/SENSOR

ブロックフォーマットキーワード 定義された特性に従ってオブジェクトをアクティブ化または非アクティブ化するために使用されるセンサーを記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/SENSOR/type/sens_ID/unit_ID
sens_title
Tdelay                

センサーtype=TIMEに加えて、次のセンサータイプが使用される場合は、追加のカードが必要になります。

センサーtype=ACCEの場合: 6
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
Nacc                  
Nacc > 0の場合: Nacc加速度計基準を定義します:
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
accel_ID Dir Γmin Tmin        
センサーtype = GAUGEの場合: 8
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
Ngau                  
Ngau > 0の場合: Ngauゲージ基準を定義します:
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
gauge_ID   Pmin Tmin        
センサーtype = DISTの場合: 7
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
node_ID1 node_ID2 Dmin Dmax        
センサーtype = SENSANDおよびORの場合: 9 10 11 12
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
sens_ID1 sens_ID2                
センサーtype = NOTの場合: 13
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
sens_ID1                  
センサーtype = INTERの場合: 14
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
int_ID DIR Fmin Fmax Tmin Fcut
センサーtype = RWALLの場合: 15
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
rwall_ID DIR Fmin Fmax Tmin    
センサーtype = RBODYの場合: 16
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
rbody_ID DIR Fmin Fmax Tmin    
センサーtype = SECTの場合: 17
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
sect_ID DIR Fmin Fmax Tmin    
センサーtype = WORKの場合: 18
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
node_ID1 node_ID2 Wmax Tmin        
sect_ID int_ID rbody_ID rwall_ID            
センサーtype = ENERGYの場合: 19
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
part_ID subset_ID            
IEmin IEmax KEmin KEmax Tmin

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
type センサータイプキーワード

センサータイプを参照のこと)

 
sens_ID センサーの識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位の識別子(オプション)

(整数、最大10桁)

 
sens_title センサータイトル

(文字、最大100文字)

 
Tdelay 時間遅れ

(実数)

[ s ]
Nacc 加速度計の数(Nacc ≤ 6)

(整数)

 
Ngau ゲージの数(Ngau ≤ 6)

(整数)

 
accel_ID 加速度計の識別子

(整数)

 
gauge_ID ゲージの識別子

(整数)

 
Dir Direction 6

(テキスト)

 
Γmin 加速度の最小絶対値

(実数)

[ m s 2 ]
Pmin 圧力の最小絶対値

(実数)

[ Pa ]
Tmin 基準に達してアクティブになる前の最小継続時間 6 14 15 16 17

(実数)

[ s ]
node_ID1 節点識別子1

(整数)

 
node_ID2 節点識別子2

(整数)

 
Dmin 最小距離

(実数)

[ m ]
Dmax 最大距離

(実数)

[ m ]
sens_ID1 アクティブ化センサー識別子IS1

(整数)

 
sens_ID2 非アクティブ化センサー識別子IS2

(整数)

 
int_ID インターフェースまたはサブインターフェースの識別番号

(整数)

 
DIR 力の方向 14 15 16 17
type = INTERの場合:
DIR
= 空白(1つ目の力におけるアクティブ化)
=FN(法線方向の力)
=FT(接線方向の力)
type = RWALLの場合:
DIR
= 空白(1つ目の力におけるアクティブ化)
=FN(法線方向の力)
=FT (接線方向の力)
=X (X方向の力)
=Y (Y方向の力)
=Z (Z方向の力)
type = RBODYの場合:
DIR
= 空白(1つ目の力またはモーメントにおけるアクティブ化)
=TF (全体の力)
=TM (全体のモーメント)
type = SECTの場合:
DIR
= 空白(1つ目の力またはモーメントにおけるアクティブ化)
=TF (全体の力)
=TM (全体のモーメント)
=FN (法線方向の力)
=FT (接線方向の力)
=FX (X方向の力)
=FY (Y方向の力)
=FZ (Z方向の力)
=MX (X方向のモーメント)
=MY (Y方向のモーメント)
=MZ (Z方向のモーメント)

(整数)

 
rwall_ID 剛壁識別番号

(整数)

 
rbody_ID 剛体の識別子

(整数、最大10桁)

 
sect_ID 断面識別子

(整数、最大10桁)

 
Fmin 最小力

デフォルト = 0(実数、最大 20フィールド)

[ N ]
Fmax 最大力

デフォルト = 0(実数、最大 20フィールド)

[ N ]
Wmax 最大仕事

デフォルト = 0(実数、最大 20フィールド)

[ J ]
Fcut カットオフ周波数。 20
0
4ポールButterworthフィルターが使用されます。

(実数)

[Hz]
part_ID /SENSOR/ENERGYについてモニターされたパートの識別子

(整数)

 
subset_ID /SENSOR/ENERGYについてモニターされたサブセットの識別子part_IDが定義されていない場合のみ使用されます。

(整数)

 
IEmin 最小パートまたはサブセット内部エネルギー

デフォルト = 0(実数)

[ J ]
IEmax 最大パートまたはサブセット内部エネルギー

デフォルト = 1E+30(実数)

[ J ]
KEmin 最小パートまたはサブセット運動エネルギー

デフォルト = 0(実数)

[ J ]
KEmax 最大パートまたはサブセット運動エネルギー

デフォルト = 1E+30(実数)

[ J ]

センサータイプ

タイプ
内容
TYPE0TIME
開始時間
TYPE1ACCE
加速度計
TYPE2DIST
節点距離
TYPE3SENS
sens_ID1でアクティブ化
sens_ID2で非アクティブ化
TYPE4AND
センサーのsens_ID1ANDsens_ID1ONの場合ON
TYPE5OR
センサーのsens_ID1ORsens_ID2ONの場合ON
TYPE6INTER
インターフェース接触によるセンサーのアクティブ化 / 非アクティブ化
TYPE7RWALL
剛壁との接触によるセンサーのアクティブ化 / 非アクティブ化
TYPE8NOT
sens_ID1OFFの場合、ON
TYPE10GAUGE
圧力ゲージ
TYPE11RBODY
剛体力の基準によるセンサーのアクティブ化
TYPE12SECT
断面力の基準によるセンサーのアクティブ化
TYPE13WORK
仕事の基準によるセンサーのアクティブ化
TYPE14ENERGY
パートまたはサブセット内部または運動エネルギー基準によるセンサーのアクティブ化
USER1USER2USER3
ユーザーセンサー

コメント

  1. センサータイプのANDORNOTINTERRWALLRBODYSECTは、センサーを使用するすべてのオプションと連携して機能します。
  2. USER1USER2、およびUSER3は、ユーザーが作成可能なセンサーです。

    入力フォーマットは、ユーザー指定のプログラムによって定義する必要があります。ユーザーセンサーのプログラミング方法の詳細については、RadiossUser Subroutinesマニュアルをご参照ください。

  3. センサーを使用して、エアバッグ、強制力、圧力、強制速度をアクティブにすることができます。
  4. センサーを使用して、/ACTIVによって、ブリック、2Dソリッド、シェル、トラス、ビーム、スプリング、または3節点シェルの要素をアクティブまたは非アクティブにすることができます。
  5. センサータイプTIMEの場合、センサーは時間遅延Tdelay後にアクティブになります。力ベースのセンサータイプRWALLINTER, RBODYWORKまたはSECTには、Tdelayは適用できません。
  6. センサータイプACCEの場合:
    • センサーは、加速度計のいずれかが、Γminを超える加速度を、Tminを超える期間示した場合にアクティブになります(Tsensorにおいて):

      Tsensor = Tdelay + Tmin

      このとき、Tmin(基準に達したときの時間)

    • Dir は加速方向を定義します:
      X
      X方向
      Y
      Y方向
      Z
      Z方向
      XY
      XY平面 ( γ x 2 + γ y 2 )
      YZ
      YZ平面 ( γ y 2 + γ z 2 )
      ZX
      ZX平面 ( γ z 2 + γ x 2 )
      XYZ
      全体加速度 ( γ x 2 + γ y 2 + γ z 2 )
  7. センサータイプDISTの場合:
    • 節点距離node_IDnode_ID2は次のように定義されます: Dmin < | node_ID node_ID2 | < Dmax.
    • 時間Tsensorにおいて、引張り(| node_IDnode_ID2 | > Dmax)でDmaxに達するか、圧縮(| node_IDnode_ID2 | < Dmin)でDminに達した場合、センサーは時間Tsensorでアクティブになります:

      Tsensor = Tdelay + TR

  8. センサータイプGAUGEの場合:
    • センサーは、ゲージのいずれかが、Pminを超える圧力を、Tminを超える期間示した場合にアクティブになります(Tstartにおいて):

      Tsensor = Tdelay + Tstart

    • Tstartは圧力基準に達したときの時間です。
  9. センサータイプSENSANDORの場合:
    • センサーは、センサーsens_ID1がアクティブになってからアクティブになります。
    • 最小アクティブ化期間はTdelayで定義します。
    • Tdelay後に、sens_ID2がアクティブになっていれば、センサーは非アクティブになります。
    • sens_ID2=0の場合、センサーはTdelay後に非アクティブになります。
  10. センサータイプSENSの場合:

    clip0129
    図 1.
  11. センサータイプANDの場合:
    センサーは、センサーsens_ID1sens_ID2の両方がアクティブになってから1サイクル後にアクティブになります。

    clip0130
    図 2.
  12. センサータイプORの場合:
    センサーは、センサーsens_ID1がアクティブになってから1サイクル後、またはsens_ID2のアクティブ後にアクティブになります。

    clip0131
    図 3.
  13. センサータイプNOTの場合:
    センサーは、sens_ID1が非アクティブになってから1サイクル後にアクティブになります。

    clip0132
    図 4.
  14. センサータイプINTERの場合:
    接触がインターフェースで検知され、以下の力の基準を満足した時にセンサーはアクティブになります:
    • F c o n t < F min または F c o n t > F max (時間Tminの間に)
    Dir は力の方向を定義します:
    FN
    法線方向の力
    TF
    接線方向の力

    接触が失われた時センサーは非アクティブになります。

    Tdelay(行3)と同じ期間衝突しなかった場合、センサーは非アクティブになります。

    1つのインターフェースまたはサブインターフェースに1つのセンサーが使用されます。タイプINTERのセンサーは複数使用できます。

    clip0133
    図 5.
  15. センサータイプRWALLの場合:

    センサーは、剛壁が衝突してから1サイクル後にアクティブになります。

    1つの剛壁に1つのセンサーが使用されます。タイプRWALLのセンサーは複数使用できます。

    clip0134
    図 6.
    接触が剛壁で検知され、以下の力の基準を満足した時にセンサーはアクティブになります:
    • F R W A L L < F min MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaamOramaaBa aaleaacaWGsbGaam4vaiaadgeacaWGmbGaamitaaqabaGccqGH8aap caWGgbWaaSbaaSqaaiGac2gacaGGPbGaaiOBaaqabaaaaa@3FE0@ または F R W A L L > F max MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaamOramaaBa aaleaacaWGsbGaam4vaiaadgeacaWGmbGaamitaaqabaGccqGH+aGp caWGgbWaaSbaaSqaaiGac2gacaGGHbGaaiiEaaqabaaaaa@3FE6@ (時間Tminの間に)
    Dir は力の方向を定義します:
    FN
    法線方向の力
    FT
    接線方向の力
    X
    X方向の力
    Y
    Y方向の力
    Z
    Z方向の力

    接触が失われた時センサーは非アクティブになります。

  16. センサータイプRBODYの場合:
    センサーは、剛体内の力が断面力が基準を満足した時にアクティブになります:
    • F R B O D Y < F min MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaamOramaaBa aaleaacaWGsbGaamOqaiaad+eacaWGebGaamywaaqabaGccqGH8aap caWGgbWaaSbaaSqaaiGac2gacaGGPbGaaiOBaaqabaaaaa@3FDE@ または F R B O D Y > F max MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaamOramaaBa aaleaacaWGsbGaamOqaiaad+eacaWGebGaamywaaqabaGccqGH+aGp caWGgbWaaSbaaSqaaiGac2gacaGGHbGaaiiEaaqabaaaaa@3FE4@ (時間Tminの間に)
    Dir はモニターへのForceまたはMoment出力を定義します:
    TF
    全体の力
    TM
    全体のモーメント
  17. センサータイプSECTの場合:
    センサーは断面力が基準を満足した時にアクティブになります:
    • F s e c t < F min または F s e c t > F max (時間Tminの間に)
    Dir は力の方向を定義します:
    TF
    全体の力
    TM
    全体のモーメント
    FN
    法線方向の力
    FT
    接線方向の力
    FX
    X方向の力
    FY
    Y方向の力
    FZ
    Z方向の力
    MX
    X方向のモーメント
    MY
    Y方向のモーメント
    MZ
    Z方向のモーメント
  18. センサータイプWORKの場合:

    センサーは断面力が基準を満足した時にアクティブになります:

    W o r k > W m a x during Tmin(1)
    Work=| x F( sect_ID ) dx |+| x F( rbody_ID ) dx |+| x F( int_ID ) dx |+| x F( rwall_ID ) dx | MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4vaiaad+ gacaWGYbGaam4Aaiabg2da9maaemaabaWaa8qeaeaacaWGgbWaaeWa aeaaciGGZbGaaiyzaiaacogacaWG0bGaai4xaiaadMeacaWGebaaca GLOaGaayzkaaaaleaacaWG4baabeqdcqGHRiI8aOGaamizaiaadIha aiaawEa7caGLiWoacqGHRaWkdaabdaqaamaapebabaGaamOramaabm aabaGaamOCaiaadkgacaWGVbGaamizaiaadMhacaGGFbGaamysaiaa dseaaiaawIcacaGLPaaaaSqaaiaadIhaaeqaniabgUIiYdGccaWGKb GaamiEaaGaay5bSlaawIa7aiabgUcaRmaaemaabaWaa8qeaeaacaWG gbWaaeWaaeaacaWGPbGaamOBaiaadshacaGGFbGaamysaiaadseaai aawIcacaGLPaaaaSqaaiaadIhaaeqaniabgUIiYdGccaWGKbGaamiE aaGaay5bSlaawIa7aiabgUcaRmaaemaabaWaa8qeaeaacaWGgbWaae WaaeaacaWGYbGaam4DaiaadggacaWGSbGaamiBaiaac+facaWGjbGa amiraaGaayjkaiaawMcaaaWcbaGaamiEaaqab0Gaey4kIipakiaads gacaWG4baacaGLhWUaayjcSdaaaa@8105@
    ここで、
    x
    node_ID1node_ID2の間の距離
    F(sect_ID)
    選択された断面内の力
    F(rbody_ID)
    選択された剛体内の力
    F(int_ID)
    選択された接触インターフェース内の力
    F(rwall_ID)
    選択された剛壁内の力

    sect_ID0の場合、 F ( sec t _ I D ) = 0

    rbody_ID0の場合、 F ( r b o d y _ I D ) = 0

    int_ID0の場合、 F ( i n t _ I D ) = 0

    rwall_ID0の場合、 F ( r w a l l _ I D ) = 0

    すべての力の仕事は方向N1-N2で計算され、常に正です。

    node_ID2が定義されていない(0)場合、距離xはnode_ID1の変位となります。

  19. センサータイプENERGYの場合:
    センサーは、定義されたパートまたはサブセットについて内部エネルギーまたは運動エネルギーが基準を満たすとアクティブ化されます:
    • 内部エネルギー < IEmin または内部エネルギー > IEmax
    • 運動エネルギー < KEmin または運動エネルギー > KEmax
  20. クラス1000のSAEフィルタリングを得る場合、Fcutの推奨値は1650 Hz(1.65 ms-1)です。フィルターを適用すると、局所的な力のピークによって力ベースのセンサーが誤ってアクティブにならないようにすることができます。これを回避するもう1つの方法として、Tminに小さな値を使用する方法があります。
  21. 力ベースのセンサーにおける力およびモーメント成分の制限値(タイプRWALLSECT)は正にも負にもできます。法線方向、接線方向、合計の力およびモーメント値は、常に正となります。