*RIGIDWALL_GEOMETRIC

LS-DYNA入力インターフェースキーワードさまざまな形状を持つ剛壁を定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
*RIGIDWALL_GEOMETRIC_TYPE_{OPTION}_{OPTION}_{OPTION}
OPTION=IDの場合、次の行を挿入。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
Rwall_ID Title
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
Set_ID Setex_ID Box_ID          
XT YT ZT XH YH ZH FRIC  
TYPECYLINDRICALまたはSPHEREの場合は次の行を挿入。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
Radius              
TYPE=FLATの場合、次の行を挿入。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
XHEV YHEV ZHEV LENL LENM      
TYPE=PRISMの場合、次の行を挿入。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
XHEV YHEV ZHEV LENL LENM LENP    
OPTION=MOTIONの場合、次の行を挿入。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
Fct_ID OPT VX VY VZ      

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
TYPE
CYLINDER
円柱剛壁
FLAT
平面剛壁
PRISM
プリズム剛壁
SPHERE
球面剛壁
 
OPTION
ID
剛壁のIDとタイトルを結合した新たな行を挿入
MOTION
モーションを定義する新たな行を挿入
 
Rwall_ID 剛壁の識別子(オプション)

(整数)

 
Title オプションのタイトル

(文字、最大70文字)

 
Set_ID 剛壁と接触する節点セット

(整数)

 
Setex_ID 剛壁との接触から除外する節点セット

(整数)

 
Box_ID 剛壁と接触するボックスの識別子

(整数)

 
XT 剛壁のテール点のX座標

(実数)

[ m ]
YT 剛壁のテール点のY座標

(実数)

[ m ]
ZT 剛壁のテール点のZ座標

(実数)

[ m ]
XH 剛壁のヘッド点のX座標(法線方向を定義)

(実数)

[ m ]
YH 剛壁のヘッド点のY座標(法線方向を定義)

(実数)

[ m ]
ZH 剛壁のヘッド点のZ座標(法線方向を定義)

(実数)

[ m ]
FRIC クーロン摩擦係数

(実数)

 
Radius 円柱または球の半径

(実数)

[ m ]
XHEV 剛壁のエッジ点のX座標

(実数)

[ m ]
YHEV 剛壁のエッジ点のY座標

(実数)

[ m ]
ZHEV 剛壁のエッジ点のZ座標

(実数)

[ m ]
LENL 1番目のエッジ上での剛壁サイズ

(実数)

[ m ]
LENM 2番目のエッジ上での剛壁サイズ

(実数)

[ m ]
LENP 3番目のエッジ上での剛壁サイズ(法線とは逆方向)

(実数)

[ m ]
Fct_ID 適用した運動関数(時間に対する速度 / 変位の変化)

(整数)

[ m s ] MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaWaamWaaeaada Wcaaqaaiaab2gaaeaacaqGZbaaaaGaay5waiaaw2faaaaa@39DE@ または [ m ]
OPT 適用したモーションのタイプ
= 0(デフォルト)
強制速度
= 1
強制変位
 
VX 適用したモーションのX方向成分

(実数)

 
VY 適用したモーションのY方向成分

(実数)

 
VZ 適用したモーションのZ方向成分

(実数)

 

コメント

  1. このキーワードは/RWALLにマップされます。
  2. MOTIONオプションは、/NODE/IMPVEL、または/IMPDISP、および/SKEW/FIXにマップされます。
  3. DISPLAYオプションは、行を追加せずに追加できます。


    図 1.