/RBE2

ブロックフォーマットキーワード 独立自由度が単一のメイン節点で指定された剛体と、従属自由度が任意の数のセカンダリ節点で指定された剛体を定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/RBE2/rbe2_ID
rbe2_title
node_ID Trarotref Skew_ID grnd_ID Iflag          

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
rbe2_ID 剛体要素の識別子

(整数、最大10桁)

 
rbe2_title 剛体要素のタイトル

(文字、最大100文字)

 
node_ID メイン節点識別子

(整数)

 
Trarotref 従属成分に使用される自由度のコード
=0
フリー自由度
=1
固定自由度

(6つのブーリアン)

すべての自由度で設定されるデフォルト(空白または6つのゼロ)

 
Skew_ID 要素の局所スキュー識別子

(整数)

 
grnd_ID セカンダリ節点グループ識別子

(整数)

 
Iflag 従属関係の定式化フラグ 1
= 0(デフォルト)
剛体定式化(OptiStruct
= 1
剛結定式化

(整数)

 

並進および回転のコード Trarot

(1)-1 (1)-2 (1)-3 (1)-4 (1)-5 (1)-6 (1)-7 (1)-8 (1)-9 (1)-10
      TX TY TZ   ω X ω Y ω Z

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
TX 並進のコード TX
=0
フリー自由度
=1
固定自由度

(ブーリアン)

 
TY 並進のコード TY
=0
フリー自由度
=1
固定自由度

(ブーリアン)

 
TZ 並進のコード TZ
=0
フリー自由度
=1
固定自由度

(ブーリアン)

 
ω X 回転のコード ω X
=0
フリー自由度
=1
固定自由度

(ブーリアン)

 
ω Y 回転のコード ω Y
=0
フリー自由度
=1
固定自由度

(ブーリアン)

 
ω Z 回転のコード ω Z
=0
フリー自由度
=1
固定自由度

(ブーリアン)

 

コメント

  1. Iflagでは、次のように従属モーションの2つの定式化を使用できます:
    Iflag=0の場合(1)
    u ˙ s ( dependent translation ) = [ T r a ] ( u ˙ m + D ˙ s m θ ˙ m ) MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGabCyDayaaca WaaSbaaSqaaiaadohaaeqaaOWaaeWaaeaaqaaaaaaaaaWdbiaabsga caqGLbGaaeiCaiaabwgacaqGUbGaaeizaiaabwgacaqGUbGaaeiDai aabckapaGaaeiDaiaabkhacaqGHbGaaeOBaiaabohacaqGSbGaaeyy aiaabshacaqGPbGaae4Baiaab6gaaiaawIcacaGLPaaacqGH9aqpda WadaqaaiaadsfacaWGYbGaamyyaaGaay5waiaaw2faamaabmaabaGa bCyDayaacaWaaSbaaSqaaiaad2gaaeqaaOGaey4kaSIabCirayaaca WaaSbaaSqaaiaadohacaWGTbaabeaakiabgEPielqahI7agaGaamaa BaaaleaacaWGTbaabeaaaOGaayjkaiaawMcaaaaa@5F65@
    (2)
    θ ˙ s ( r o t a t i o n ) = [ R o t ] θ ˙ m
    Iflag=1の場合(3)
    u ˙ s ( t r a n s l a t i o n ) = [ T r a ] u ˙ m + D ˙ s m [ R o t ] θ ˙ m
    (4)
    θ ¯ s ( r o t a t i o n ) = [ R o t ] θ ¯ m
    (5)
    [ T r a ] , [ R o t ] = [ i 0 0 0 j 0 0 0 k ]

    ここで、 i j k =0、1

    デフォルトの定式化Iflag = 0は、OptiStructのRBE2に相当します。セカンダリ節点のグループのモーションは、常に6つの自由度を持つ1つのメイン節点のモーションに応じて変化します。入力Trarotrefはセカンダリ節点に適用され、要素は剛体のような挙動を示します。

    2番目の定式化は/RLINKに似ていますが、並進と回転のつり合いが考慮されます。入力Trarotrefはメイン節点に適用されます。この定式化は、バージョン10.0.5以前で使用します。

  2. メイン節点は有限要素に結合できます。メイン節点は異なるRBE2のメインやセカンダリ節点として定義できますが、セカンダリ節点が運動条件の非適合を持つことはできません。
  3. /RBE2のセカンダリまたはメイン節点を別の拘束方程式(運動条件)でもセカンダリまたはメイン節点とすることは推奨されません。ただし、階層のルールが守られている場合、これは許可されています:RBE2は、インターフェースTYPE2より高いレベルである必要がありますが(インターフェースTYPE2のメイン節点はRBE2のセカンダリ節点になることができます)、RBE3とRBODYより低いレベルである必要があります。異なるRBE2間での階層が設定可能で、順番は自動的に変更され、Radioss Starterによって階層が決定されます。RBE2間の階層レベルが高すぎる場合は、エラーが出力されます。
  4. /INTER/TYPE2/RBE2/RBE3、および/RBODYに関する階層ルールは以下のとおり:

    RBODY > RBE3 > RBE2 > INTERFACE TYPE2

  5. /IOFLAGIpriを使用すると、さらに多くの出力メッセージを取得できます:Ipri > 3 の場合は、マスター節点の新しい質量および慣性が出力されます。Ipri > 5の場合は、順序変更後の新しいRBE2識別子と階層レベルが出力されます。
  6. RBE2は/RBODYIspher=1を使用するのと類似したスカラー慣性計算を用います。