/PROP/TYPE9 (SH_ORTH)

ブロックフォーマットキーワード このプロパティは、直交異方性シェルロパティの定義に使用されます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/PROP/TYPE9/prop_ID/unit_IDまたは/PROP/SH_ORTH/prop_ID/unit_ID
prop_title
Ishell Ismstr Ish3n Idril     P_thickfail    
hm hf hr dm dn
N Istrain Thick Ashear   Ithick Iplas  
VX VY VZ ϕ      

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
prop_ID プロパティの識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
prop_title プロパティのタイトル

(文字、最大100文字)

 
Ishell シェル要素の定式化フラグ 1
= 0
/DEF_SHELLの値を使用
= 1 /DEF_SHELLが定義されていない場合のデフォルト。
Q4、変形モードと剛体モードに直交する粘弾性アワグラスモード(Belytschko)
= 2
Q4、直交性を伴わない粘弾性アワグラス(Hallquist)。
= 3
Q4、直交性を伴う弾塑性アワグラス
= 4
タイプ1の定式化を改良したQ4(ねじれた要素の直交化)。
= 12
QBATシェル定式化
= 24
QEPHシェル定式化。

(整数)

 
Ismstr シェル微小ひずみ定式化フラグ。 2
= 0
/DEF_SHELLの値を使用
= 1
時刻0からの微小ひずみ(他のすべての定式化フラグと適合性のある定式化)
= 2 /DEF_SHELLが定義されていない場合のデフォルト。
Radioss Engine(オプション/DT/SHELL/CST)での微小ひずみ定式化がアクティブとなる可能性がある完全幾何非線形性
= 3
古い微小ひずみ定式化(アワグラスタイプ2とのみ互換)
= 4
完全幾何非線形性(Radioss Engineでオプション/DT/SHELL/CSTによる影響はありません)
= 11
時間 = 0以降の合計微小ひずみ

(整数)

 
Ish3n 3節点シェル要素定式化フラグ
= 0
/DEF_SHELLの値を使用
= 1
標準的な三角形(C0)。
= 2 /DEF_SHELLが定義されていない場合のデフォルト。
大きな回転に対する修正を伴う標準的な三角形(C0)。
= 30
DKT18.
= 31
DKT_S3、BATOZのDTK12に基づく(理論マニュアルElement Libraryをご参照ください)

(整数)

 
Idril 面内回転自由度剛性のフラグ。 7
= 0
/DEF_SHELLの値を使用
= 1
はい。
2 /DEF_SHELLが定義されていない場合のデフォルト。
いいえ。

(整数)

 
P_thickfail 要素が削除される前に破断すべき厚み全体での積分点のパーセンテージ 9 10

0.0 P _ t h i c k f a i l 1.0 (実数)

 
hm シェル膜アワグラス係数 3

デフォルト = 0.01

デフォルト = 0.1 (アワグラスタイプ3 (Ishell =3)の場合)

(実数)

 
hf シェル面外アワグラス 3

デフォルト = 0.01

デフォルト = 0.1 (アワグラスタイプ3 (Ishell =3)の場合)

(実数)

 
hr シェル回転アワグラス係数 3

デフォルト = 0.01

デフォルト = 0.1 (アワグラスタイプ3 (Ishell =3)の場合)

(実数)

 
dm Shell Membrane Damping

材料則19、25、32、および36に対してのみ有効。

デフォルト =1.5% (Ishell =24(QEPH)+LAW19、32、36の場合)

デフォルト =5.0% (Ishell =24(QEPH)+LAW25の場合)

デフォルト =0.0% (Ishell =12(QBAT)の場合)

デフォルト =5.0% (Ishell =1、2、3、4(Q4)+LAW25の場合)

デフォルト =25.0% (Ishell =1、2、3、4(Q4)+LAW19の場合)

デフォルト =0.0% (Ishell =1、2、3、4、12+LAW32、36の場合)

(実数)

 
dn シェル数値減衰 4

Ishell =12、24の場合のみ使用

デフォルト =1.5% (Ishell =24(QEPH)の場合)

デフォルト =0.1% (Ishell =12(QBAT)の場合)

デフォルト =0.01% (Ish3n =30(DKT18)の場合)

(実数)

 
N 板厚を通る積分点の数で、1 < N < 10

デフォルト設定は1(整数)

 
Istrain ポスト処理用ひずみ計算フラグ
= 0
/DEF_SHELLの値を使用
= 1 /DEF_SHELLが定義されていない場合のデフォルト
はい。
= 2
いいえ。

(整数)

 
Thick シェル厚。

(実数)

[ m ]
Ashear せん断係数

デフォルトはReissner値: 5/6(実数)

 
Ithick シェル合応力計算フラグ。
= 0
/DEF_SHELLの値を使用
= 1
厚みの変化が考慮されます
= 2 /DEF_SHELLが定義されていない場合のデフォルト
厚みは一定です

(整数)

 
Iplas シェル平面応力塑性フラグ 6
材料則2、22、32、36、および43に対してのみ有効。
= 0
/DEF_SHELLの値を使用
= 1
3ニュートン反復計算を伴う反復投影
= 2 /DEF_SHELLが定義されていない場合のデフォルト
ラジアルリターン。

(整数)

 
VX X成分 8

デフォルト = 1.0(実数)

 
VY Y成分 8

デフォルト = 0.0(実数)

 
VZ Z成分 8

デフォルト = 0.0(実数)

 
ϕ Angle 8

デフォルト = 0.0(実数)

[ deg ]

シェルの板厚方向に3つの積分点があります。材料方向m1(繊維方向)がベクトル V と角 ϕ により定義されます。

prop_type9_example
図 1.
#RADIOSS STARTER
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#-  1. LOCAL_UNIT_SYSTEM:
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/UNIT/2
unit for prop
#              MUNIT               LUNIT               TUNIT
                  kg                  mm                  ms
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#-  2. GEOMETRICAL SETS:
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/PROP/SH_ORTH/2/2
SH_ORTH example
#   Ishell    Ismstr     Ish3n    Idrill
        12         0         0         1
#                 hm                  hf                  hr                  dm                  dn
                   0                   0                   0                  .1                  .1
#        N   Istrain               Thick              Ashear              Ithick     Iplas
         3         0                 1.8                   0                   1         1
#                 Vx                  Vy                  Vz                 Phi
                   1                   0                   1                  45
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#enddata
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|

コメント

  1. IshellIsh3n – 4節点および3節点シェル定式化フラグ
    • Ishell=1、2、3、4 (Q4): アワグラス摂動安定化を伴うオリジナルの4節点Radiossシェル。
    • Ishell=24 (QEPH): 汎用の物理的なアワグラス安定化を伴う定式化。
    • Ishell=12 (QBAT): 修正済みBATOZ Q4γ24シェル(4つのGauss積分点を伴う)および面内せん断用の低減積分。このシェルに対して、アワグラス制御は必要ありません。
    • Ish3n=30 (DKT18): 3つのHammer積分点を伴うBATOZ DKT18薄肉シェル。
    • フラグIshell =2は、シェル要素の1つの積分点と適合性がありません。
  2. Ish3n - 微小ひずみ定式化
    • Ismstr = 1、3または11の場合、微小ひずみ定式化は時間t= 0からアクティブになります。これは高速予備解析で使用できますが、結果の精度は保証されません。 Δ t< Δ t min であるシェルは、Radioss Engineオプション/DT/SHELL/CSTによって微小ひずみ定式化に切り替えることができます。ただし、Ismstr = 4または11の場合を除きます。
    • Ismstr = 1、3または11に設定した場合、材料則で指定されるひずみと応力は、工学ひずみと工学応力になります。それ以外を設定した場合は、真ひずみと真応力になります。
    • Ismstr = 11は、Airbagモデルのロバスト性の向上のために開発されました。実際には、それは材料則19、およびすべての四角形シェルと標準のC0三角形とのみ適合性があります。参照状態座標を使用するQ4シェルについては、Ismstr =1の場合は、自動的にIsmstr =11に設定されます。
  3. hmhfおよびhr - アワグラス係数
    • hmhfおよびhrは、Q4シェル(Ishell=1、2、3、4)に対してのみ使用されます。これらは0~0.05の値でなければなりません。
    • Ishell=3では、hmhrのデフォルト値は0.1になり、さらに大きい値が可能です。
  4. dn - シェル数値減衰係数
    • dn は、Ishell =12、24およびIsh3n = 30の場合のみ使用されます:
      • Ishell =24の場合、dnは、アワグラス応力計算で使用されます
      • Ishell =12(QBAT)の場合、dnは横せん断を除くすべての応力項で使用されます
      • Ish3n =30(DKT18)の場合、dnは膜に対してのみ使用されます。
  5. Ithick - シェル合応力計算フラグ
    • /MAT/LAW32 (HILL)では、フラグIthickは自動的に1に設定されます。
    • Ithick =1の場合、該当する要素タイプの微小ひずみオプションは自動的に非アクティブ化されます。
  6. Iplas - シェル平面応力塑性フラグ
    • Ithick =1の場合、Iplas =1の使用が推奨されます。
    • Iplas =1の場合、該当する要素タイプの微小ひずみオプションは自動的に非アクティブ化されます。
  7. Idril - 回転自由度剛性フラグ
    • 回転自由度剛性は、特にRiks法および曲げ主体の問題の陰的解法に推奨されます。
    • Idrilは、QEPH, QBAT(Ishell  = 12、24)と標準の三角形(C0) シェル要素(Ish3n = 1、2)で使用可能です。
  8. 局所座標系での直交異方性:
    • 全体ベクトル V (行6で定義されている成分)と層ごとの角度 ϕ (単位は度)で定義される直交方向
    • シェル要素平面に投影されたベクトル V が、ベクトル V になります。次に、要素の直交方向(方向1)ベクトル V ϕ 度回転; ここで正の回転はシェルの法線 n MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaaCOBaaaa@36ED@ に基づきます。

      prop_type9_v10
      図 2.
    • 参照メトリクスの場合、初期形状ではなく参照形状を使用して異方性方向の方向付けを定義する必要があります。
  9. P_thickfail パラメータは、LAW36の塑性破壊ひずみのような材料則そのもの内で定義された破壊と適合性がありません。
  10. /FAILモデルと使用される要素削除のルール
    • 低減積分要素(Belytschko、QEPH、DKT18)
      • 複数の破壊モデルがシェル材料に適用されている場合、もしくはP_thickfail=0(空白)である場合、P_thickfailの値は各破壊モデルの設定から個々に計算されます。
        例:
        Ifail_sh = 1
        要素を削除するに十分な1積分点破壊、ここで、P_thickfail = 1.0 e-6
        Ifail_sh = 2
        要素を削除するに必要な全積分点破壊、ここで、P_thickfail= 1.0
      • 1つだけの破壊モデルがシェル材料に適用されている場合、プロパティからのP_thickfailの値がデフォルトで取られ、破壊モデルからの局所Ifail_sh設定を上書きします。
    • 完全積分シェル(Batoz、DKT_S3):
      • 低減積分シェル用に記述されるルールは、各Gauss点に別々に適用されます。P_thickfail 率は、面内Gauss点の板厚内の全積分点についてチェックされます。全Gauss点がP_thickfail率基準に達すると、要素は削除されます。