/PROP/TYPE22 (TSH_COMP)

ブロックフォーマットキーワード このプロパティセットは、複合材厚肉シェルプロパティセットの定義に使用されます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/PROP/TYPE22/prop_ID/unit_IDまたは/PROP/TSH_COMP/prop_ID/unit_ID
prop_title
Isolid Ismstr     Icstr Inpts Iint   dn
qa qb            
VX VY VZ skew_ID Iorth Ipos  
Ashear                
各層(積分点)について行ごとに
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
ϕ i MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqy1dy2aaS raaSqaaiaadMgaaeqaaaaa@38D9@ ti/t Zi mat_IDi      
最後のカード
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
Δ t min                

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
prop_ID プロパティの識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
prop_title プロパティのタイトル

(文字、最大100文字)

 
Isolid ソリッド要素定式化フラグ。
= 0
/DEF/SOLIDの値を使用。
= 14
HA8ロックフリー/8節点厚肉シェル要素、共回転、完全積分、すべての方向におけるさまざまな数のGauss点
= 15
HSEPH/PA6厚肉シェル(それぞれ8節点と6節点)、共回転、物理的安定性を伴う低減積分(平面内に1つの求積点)、板厚方向におけるさまざまな数の積分点

(整数)

 
Ismstr 微小ひずみ定式化フラグ。 4
= -1
要素の種類と材料則に基づいて、最適な値を自動的に定義します。
= 0(デフォルト)
/DEF_SOLIDの値を使用。
= 1
時間 = 0以降の微小ひずみ。
= 2
Radioss Engine(/DT/Eltyp/Keyword3/Iflag)での微小ひずみ定式化が可能である完全幾何非線形性
= 3
時間=0以降の簡易微小ひずみ定式化(実現象に即していない定式化)。
= 4 /DEF_SOLIDが定義されていない場合のデフォルト
完全幾何非線形性(/DT/BRICK/CSTによる影響はありません)

(整数)

 
Icstr 一定応力定式化フラグIsolid = 14に対してのみ有効
= 001
t方向における低減応力積分
= 010
s方向における低減応力積分
= 100
r方向における低減応力積分

(整数)

 
Inpts 積分点の数 2
= j
1 ≤ j ≤ 200、 Isolid =15の場合
= ijk
2 ≤ i,j,k ≤ 9、 Isolid =14の場合

(整数)

ここで、
i
r方向の積分点の数
j
s方向の積分点の数
k
t方向の積分点の数
 
Iint 層数を、9 < 層数 ≤ 200の範囲で指定Isolid = 14に対してのみ有効 4

(整数)

 
dn 安定化のための数値減衰Isolid = 15に対してのみ有効

デフォルト = 0.1(実数)

 
qa 2次体積粘性。

デフォルト = 1.10(実数)

デフォルト = 0.0(/MAT/LAW70の場合)

 
qb 線形体積粘性。

デフォルト = 0.05(実数)

デフォルト = 0.0(/MAT/LAW70の場合)

 
Ashear せん断係数

デフォルト = 1.0(実数)

 
VX 参照ベクトルのX成分

デフォルト = 1.0(実数)

 
VY 参照ベクトルのY成分

デフォルト = 0.0(実数)

 
VZ 参照ベクトルのZ成分

デフォルト = 0.0(実数)

 
skew_ID スキューの識別子

局所スキューが定義されている場合、そのX軸が参照ベクトルと置き換わります(VXVYおよびVZは無視されます)。

(整数)

 
Iorth 参照ベクトル用の直交異方性座標系定式化フラグ
= 0(デフォルト)
直交異方性の第1軸は正規直交共回転要素の座標系に対して一定の角度に保たれます。
= 1
直交異方性の第1方向は非正規直交アイソパラメトリック座標に対して一定に保たれます。

(整数)

 
Ipos 参照ベクトルに対する層のポジショニングフラグ
= 0(デフォルト)
層の位置は層の厚みの分配に関して自動的に計算されます。層の厚みの合計と全体板厚との一貫性は自動的にチェックされます。
= 1
要素の板厚内におけるすべての層の位置は、ユーザーが定義します。複数の層を同じ特別な位置に配置することが可能です。

(整数)

 
Δ t min 最小時間ステップ

デフォルト = 106(実数)

[ s ]
ϕ i MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqy1dy2aaS raaSqaaiaadMgaaeqaaaaa@38D9@ 層iの角度

(実数)

[ deg ]
ti/t 層iの相対板厚。
ti
i_th層の板厚
t
総板厚

(実数)

 
Zi 層iのZ位置(板厚によって正規化)(-0.5 ≤ Zi ≤ 0.5)

デフォルト = 0.0(実数)

 
mat_IDi 層.の材料識別子

(整数)

 

それぞれベクトル V および角度 ϕ により異なる材料方向(繊維方向)m1を定義する3つの層(Inpts=333)。平面(1’、2’、3’、4’)は厚肉シェル要素の中立面(z=0)。

prop_type22_example
図 1.
#RADIOSS STARTER
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#-  1. LOCAL_UNIT_SYSTEM:
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/UNIT/2
unit for prop
#              MUNIT               LUNIT               TUNIT
                  kg                  mm                  ms
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#-  2. GEOMETRICAL SETS:
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/PROP/TYPE22/1/2
TSH_COMP example
#   Isolid    Ismstr                         Icstr     Inpts      Iint                            dn
        14         0                           010       333         0                             0
#                q_a                 q_b
                   0                   0
#                 Vx                  Vy                  Vz   skew_ID     Iorth      Ipos
                   1                  -1                   1         0         0         0
#             Ashear
                   0
#              PHI_I               T_I/T                  ZI     MAT_I                             
                  45                 0.3                   0         1 
                  90                 0.4                   0         2 				  
                 -45                 0.3                   0         1                              
#             dt_min
                   0
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#enddata
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|

コメント

  1. Isolid - ソリッド定式化
    • Isolid =14の定式化(H8要素)は一定応力定式化を使用する必要があります(Icstr > 0)。これは局所直交異方性座標系r-s-tを参照します。座標系の定義は/PROP/TYPE6 (SOL_ORTH)のコメントに記述されます。
    • Isolid=15で5面体要素を使用する場合、/PENTA6要素が推奨されますが、生成された/BRICK要素が使用されることも可能です。
  2. 層数。
    • Isolid = 14定式化(HA8要素)の場合、次のように層数(< 9)を定義します:
      • Icstr = 001の場合、t方向の層数は、Inptsフィールドのk値に等しくなります。
      • Icstr = 010の場合、s方向の層数は、Inptsフィールドのj値に等しくなります(s方向の層数が8の場合、Icstr = 010、Inpts = 282です)。
      • Icstr = 100の場合、r方向の層数は、Inptsフィールドのi値に等しくなります。
    • Isolid定式化(HA8要素)の場合、次のように層数(< 9)を定義します:
      • 層数 > 9の場合、Isolidの定式化(HA8要素)にはIintを使用します。

        この場合は、Inptsによって定義される板厚方向の積分点はゼロである必要があります。

        例えば、s方向の100層という数の場合は、Icstr = 010、Inpts = 202、Iint = 100です

  3. 自動設定オプションIsmstr = Icpre = Iframe=-1を使用する場合、これらのオプションの値は、要素定式化、要素タイプ、材料に基づいて最適なオプションを使用して定義されます。あるいは、Ismstr = Icpre = Iframe=-2と定義すると、このプロパティで定義されているこれらのオプションの値が、要素タイプと材料則に基づいた最適な値で上書きされます。Radiossで定義された値を確認するには、Starter出力ファイルの“PART ELEMENT/MATERIAL PARAMETER REVIEW”セクションをご確認ください。
  4. Ismstr - 微小ひずみ定式化フラグ
    • バージョン2017より、シミュレーション中に体積が負になるLagrange要素は、シミュレーションを継続できるよう、自動的にひずみ定式化を切り替えます。これが発生すると、WARNINGメッセージがEngine出力ファイルに出力されます。以下のオプションがサポートされています。
      要素タイプ 要素定式化 ひずみ定式化 負の体積の処理方法
      /BRICK Isolid = 14、15 完全に幾何学的非線形

      Ismstr = 2、4

      負の体積になる前のサイクルの要素形状を使用した微小ひずみに切り替え
  5. 局所座標系での直交異方性
    • 厚肉シェルの直交異方性は平面です。直交異方性の第3方向はシェル平面の法線と一致しています。
    • 全体ベクトル V MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaaCOvaaaa@36D5@ またはskew_IDは、直交異方性方向の定義に使用されます。全体ベクトル V MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaaCOvaaaa@36D5@ または指定したスキューの X MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaaCiwaaaa@36D7@ 軸(この場合、全体ベクトルは無視されます)は、ソリッド要素の平均平面に投影されます。
    • Isolid=14の場合、要素の平均平面はフラグIcstrに依存します。
      • Icstr=001の場合はr-s
      • Icstr=010の場合はr-t
      • Icstr=001の場合はs-t
    • ϕ は、層iについての、直交異方性の第1方向とシェルの平均平面上に投影された参照ベクトルの間の角度(度単位)です。
  6. 層に使用される材料
    • Mat_IDiに使用される材料則タイプは各層で異なることが可能です。
    • Isolid= 15の場合、/PARTで定義された材料則番号は、インターフェース剛性およびアワグラス応力の計算に使用されます。