/PERTURB/FAIL/BIQUAD

ブロックフォーマットキーワード このオプションは、破壊モデルを用いて各シェル要素について異なる破壊値を生成することにより、設計のロバスト性を検討するために使用できます。ランダムノイズスケールファクターは、正規(ガウス)分布またはランダム分布のいずれかを持つことが可能です。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/PERTURB/FAIL/BIQUAD/ID
perturb_title
F_Mean Deviation Min_cut Max_cut Seed Idistri
fail_ID parameter              

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
ID 摂動識別子

(整数、最大10桁)

 
perturb_title 摂動タイトル

(文字、最大100文字)

 
F_Mean ランダムノイズスケールファクターの平均値。

(実数)

 
Deviation Idistri = 2の際にのみ使用される正規分布の標準偏差。

(実数)

 
Min_cut ランダムノイズスケールファクターの最小値Idistri=1、ランダム分布使用時に入力が必要。

ランダム値がMin_cutより小さい場合、ランダム値はMin_cutに置き換えられます。

(実数)

 
Max_cut ランダムノイズスケールファクターの最小値Idistri=1、ランダム分布使用時に入力が必要。

ランダム値がMax_cutより大きい場合、ランダム値はMax_cutに置き換えられます。

(実数)

 
Seed ランダムノイズ生成に使用されるシード。 3
= 0(デフォルト)
実行毎にランダムな(異なる)シード値が計算され、Starter出力ファイルに書き出されます。

(整数)

 
Idistri 分布タイプ
= 0(デフォルト)
2に設定します。
= 1
ランダム分布
= 2
正規(ガウス)分布

(整数) 4

 
fail_ID 破壊モデル識別子

このIDは、摂動が適用される/FAIL/BIQUAD, fail_IDと一致している必要があります。

(整数、最大10桁)

 
parameter パラメータ識別子
c3(デフォルト)
単軸引張における破壊ひずみ。
たとえば、/FAIL/BIQUADモデルにはc3を取ります。

(文字、最大20文字)入力フィールドの任意の位置で開始

 

コメント

  1. Seedに同じ値を使用して計算を2回行った場合、Seedはまったく同じ結果を返します。現時点では、唯一有効なparameterは、/FAIL/BIQUAD内のc3です。
  2. 離散化のせいで、モデル内のランダムノイズは入力ランダムノイズ値と正確には一致しません。しかしながら、モデルの実際のランダムノイズ値が計算され、Starter出力ファイルに出力されます。
  3. Seedは、ランダムノイズについて乱数生成初期化に用いられる整数です。Seedは、感度またはモデルのロバスト性を検討するために変更が可能です。Seed=0の場合、ランダムな(異なる)シード値が実行毎に計算され、starter出力に書き出されます。解析をSeed=0で再実行するには、元の解析でStarter出力に書き出されたSeed値を、解析の再実行で入力として使用します。
  4. Idistri = 1の場合、スケールファクターの分布はランダムになります。
    Idistri = 2の場合、スケールファクターの正規分布は次の確率密度関数を持つようになります。

    perturb_density
    図 1.
  5. このオプションはシェル要素のみで使用可能です。