/PART

ブロックフォーマットキーワード 材料とプロパティの情報を組み合わせたパートを定義します。オプションで、インターフェースのギャップを指定できます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/PART/part_ID/unit_ID
part_title
prop_ID mat_ID subset_ID Thick          

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
part_ID パート識別子

(整数、最大10桁)

 
part_title パートのタイトル

(文字、最大100文字)

 
unit_ID 単位の識別子(オプション)

(整数、最大10桁)

 
prop_ID パート内の要素のプロパティ識別子

(整数)

 
mat_ID パート内の要素の材料識別子mat_IDは、スプリング要素とリベット要素の場合、0でなければなりません。

(整数)

 
subset_ID (オプション)パートが属するサブセットの識別子省略した場合、パートは全体モデルのサブセットに属します。

デフォルト = 全体モデル(整数)

 
Thick (オプション)シェルの仮想板厚

シェルの板厚を定義します。インターフェースのギャップを計算する目的でのみ使用されます。3節点シェルおよび4節点シェルを含んだパートのみで使用可能です。

(実数)

[ m ]

コメント

  1. パートは、均質な要素アセンブリです。1つのパートでは、すべての要素が同じタイプとなります(シェル、ソリッド、ビーム、トラス、スプリング、リベットなど)。パート内の要素は、同じ材料番号(mat_ID)、および同じプロパティ識別子(prop_ID)を参照します。
  2. 複数の異なるパートで同じ材料識別子を参照することができます。これは、プロパティとサブセットの識別子についても同様です。
  3. /SHELLキーワードまたは/SH3NキーワードでThickフィールドの値が0と等しい場合は、シェルプロパティで定義された板厚ではなく、Thickフィールドで定義した仮想シェル板厚の値が使用されます。
  4. シェルの仮想板厚は、インターフェースタイプ7、11、18、19、20、21、24および25のギャップの計算に使用されます。また、Ignore=2またはIgnore=3でdsearch=0の場合の、/INTER/TYPE2dsearchの計算にも使用されます。
  5. シェルおよび厚肉シェルの複合材パートについては、材料は、/PROP/TYPE10 (SH_COMP)/PROP/TYPE11 (SH_SANDW)/PROP/TYPE21 (TSH_ORTH)、または/PROP/TYPE22 (TSH_COMP)を使用して、プロパティカードにおいて直接定義されます。これらの材料内で定義された破壊基準(例えば、LAW25)が考慮されます。/PARTカードで参照される材料は、時間ステップおよび接触剛性の計算にのみ使用されます。