*PART

LS-DYNA入力インターフェースキーワード材料とプロパティの情報を組み合わせたパートを定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
*PART_{OPTION1}_{OPTION2}
part_title
part_ID sec_ID mat_ID          
OPTION1 = INERTIA,の場合、次の行を挿入
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
XCOG YCOG ZCOG TM   node_ID    
IXX IXY IXZ IYY IYZ IZZ    
VTX VTY VTZ VRX VRY VRZ    
OPTION2 = CONTACTの場合、次の行を挿入
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
        Thick      

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
OPTION1
INERTIA
剛体コンポーネントの質量、慣性、および初期速度を入力するためのオプションのフラグ。
 
OPTION2
CONTACT
接触厚みを入力するためのオプションのフラグ。
 
part_title コンポーネントのタイトル。

(文字、最大80文字)

 
part_ID パート識別子

(整数)

 
sec_ID パート内の要素の断面識別子。

(整数)

 
mat_ID パート内の要素の材料識別子。

(整数)

 
XCOGYCOGZCOG パートの重心の軌跡。

デフォルト = 0(実数)

 
TM 剛体パートの質量。

デフォルト = 0(実数)

 
node_ID パートの重心の節点番号。

(整数)

 
IXXIXYIXZIYYIYZIZZ 剛体の慣性テンソル。

デフォルト = 0(実数)

 
VTXVTYVTZ 剛体コンポーネントに適用する初期並進速度。

デフォルト = 0(実数)

 
VRXVRYVRZ 剛体コンポーネントに適用する初期回転速度。

デフォルト = 0(実数)

 
Thick 接触しているパートの厚み(オプション)。

デフォルト = 0(実数)

 

コメント

  1. *PARTキーワードは/PARTにマップされます。
  2. *PART_INERTIAキーワードは/PART/RBODY、および/INIVELにマップされ、パートの重心、慣性、および質量がデフォルトで自動的に計算されます。XCOGYCOGZCOGは、node_IDを指定している場合は無視されます。