廃止

Engineキーワード まだサポートされているもののこれ以上は維持されない(*)キーワードは、廃止と見なされます。

(*)キーワードが廃止になるには、いくつかの理由が挙げられます:
  • 新規のさらに強力なキーワードに引き継がれた
  • 使用されなくなった
  • 開発が却下された
注: 廃止キーワードは引き続きサポートされますが、マニュアルの今後のバージョンには表示されなくなる可能性があります。また、廃止キーワードの代わりに、新しいキーワードが推奨されます。
以下は、廃止されたEngineキーワードのリストです:
廃止キーワード 廃止されたバージョン 新しいキーワードへの置き換え
/ALE/0(または/ALE v12.0.210  
/ALE/2 v12.0.210 /ALE/SPRING
/ALE/3 v12.0.210 /ALE/ZERO
/ALE/4 v12.0.210 /ALE/STANDARD
/ANIM/KEEPD v13.0  
/SHVER/V51 v13.0  
/VEL/ALE v13.0  
/ALE/DISP v14.0.220 /ALE/GRID/DISP
/ALE/DONEA v14.0.220 /ALE/GRID/DONEA
/ALE/SPRING v14.0.220 /ALE/GRID/SPRING
/ALE/STANDARD v14.0.220 /ALE/GRID/STANDARD
/ALE/ZERO v14.0.220 /ALE/GRID/ZERO
/ALESUB v2018  
/ANIM/CUT/1 v2018  
/ANIM/CUT/2 v2018  
/ANIM/CUT/3 v2018  
/INCMP v2018  
/UPWIND v2018 /ALE/MUSCL
/UPWM/SUPG v2018 /ALE/SUPG/OFF
/UPWM/TG v2018