/MAT/PLAS_ZERIL

ブロックフォーマットキーワード この材料則は、Zerilli-Armstrong塑性モデルを使用して等方性弾塑性材料を定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/MAT/PLAS_ZERIL/mat_ID/unit_ID
mat_title
ρ i                
E v            
C0 C5 n ε p m a x σ max 0
C1 ε ˙ 0 ICC Fsmooth Fcut    
C3 C4 ρ C p Tr    

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
mat_ID 材料識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
mat_title 材料のタイトル

(文字、最大100文字)

 
ρ i 初期密度

(実数)

[ kg m 3 ]
E ヤング率

(実数)

[ Pa ]
v ポアソン比

(実数)

 
C0 塑性降伏応力

(実数)

[ Pa ]
C5 塑性硬化パラメータ

(実数)

[ Pa ]
n 塑性硬化指数。 5

デフォルト = 1.0(実数)

 
ε p m a x 破壊塑性ひずみ。

デフォルト = 1030(実数)

 
σ max 0 塑性最大応力

デフォルト = 1030(実数)

[ Pa ]
C1 ひずみ速度定式化の係数

(実数)

[ Pa ]
ε ˙ 0 参照ひずみ速度(ユーザーの単位に変換した1 s-1である必要があります)

(実数)

[ 1 s ]
ICC ひずみ速度計算フラグ 7
= 0(デフォルト)
1に設定します。
= 1
σ max に対するひずみ速度効果あり
= 2
σ max に対するひずみ速度効果なし

(整数)

 
Fsmooth ひずみ速度スムージングオプションフラグ
= 0(デフォルト)
ひずみ速度を平滑化しません。
= 1
ひずみ速度スムージングはアクティブ。

(整数)

 
Fcut ひずみ速度フィルタリングのカットオフ周波数。 8

デフォルト = 1030(実数)

[Hz]
C3 温度効果係数

(実数)

[ 1 K ] MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeaaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaWaamWaaeaada WcaaqaaiaaigdaaeaacaWGlbaaaaGaay5waiaaw2faaaaa@3981@
C4 温度効果係数
= 0
ひずみ速度効果はなし

(実数)

[ 1 K ] MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeaaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaWaamWaaeaada WcaaqaaiaaigdaaeaacaWGlbaaaaGaay5waiaaw2faaaaa@3981@
ρ C p 単位体積あたりの比熱。
= 0
温度は一定: T = Tr

(実数)

[ J m 3 K ]
Tr 参照温度。

デフォルト = 298 K(実数)

[ K ]

コメント

  1. Zerilli-Armstrong則は、シェル要素とソリッド要素にのみ適用可能です。
  2. 塑性変形中の応力を記述する式は次のとおりです: (1)
    σ = C 0 + ( C 1 exp ( ( C 3 T + C 4 T ln ( ε ˙ ε ˙ 0 ) ) ) ) + C 5 ε p n
    ここで、
    ε p
    塑性ひずみ
    ε ˙
    ひずみ速度
    T MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbwvMCKf MBHbqefqvATv2CG4uz3bIuV1wyUbqedmvETj2BSbqefm0B1jxALjhi ov2DaebbnrfifHhDYfgasaacH8srps0lbbf9q8WrFfeuY=Hhbbf9v8 qqaqFr0xc9pk0xbba9q8WqFfea0=yr0RYxir=Jbba9q8aq0=yq=He9 q8qqQ8frFve9Fve9Ff0dmeaacaGacmGadaWaaiqacaabaiaafaaake aacaWGubaaaa@39B0@
    温度
  3. 降伏応力は、正である必要があります。
  4. ε ¯ p が1つの積分点で ε p m a x に到達してから、要素タイプに基づく場合:
    • シェル要素:

      対応するシェル要素が削除されます。

    • ソリッド要素:

      対応する積分点の偏差応力には永久に0が設定されますが、ソリッド要素は削除されません。

  5. n は、必ず1よりも小さい値にします。
  6. ε ˙ 0 0の場合、ひずみ速度効果はありません。
  7. ICCは、材料の最大応力 σ max に対するひずみ速度効果のフラグです:

    law_plaszeril
    σ = σ y ( 1 + c ln ( ε ˙ ε ˙ o ) ) σ = σ y ( 1 + c ln ( ε ˙ ε ˙ o ) )
    σ max = σ max 0 ( 1 + c ln ( ε ˙ ε ˙ o ) ) σ max = σ max 0
    図 1.
  8. ひずみ速度フィルタリング入力(Fcut)は、シェル要素およびソリッド要素のみで使用できます。
  9. ひずみ速度のフィルタリングは、ひずみ速度のスムージングに使用されます。
  10. 次のように断熱条件を想定して温度を計算します:(2)
    Τ = Τ r + E i n t ρ C ρ ( V o l u m e )

    EintRadiossによって計算される内部エネルギーです。

  11. /HEAT/MATまたは/INITEMPを使用して初期化されていない温度は、参照温度(Tr)も初期温度です。