/MAT/LAW73

ブロックフォーマットキーワード この材料則はThermal Hill直交異方性材料を記述します。これはシェル要素にのみ適用可能です。

この材料則は、降伏応力がひずみ速度と塑性ひずみだけでなく温度(ユーザーテーブルで定義)にも依存する点で、/MAT/LAW43(HILL_TAB)とは異なります。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/MAT/LAW73/mat_ID/unit_ID
mat_title
ρ i                
E v            
fct_IDE   Einf CE 空白
r00 r45 r90 Chard Iyield0  
ε p m a x ε t ε m        
Tab_ID   σ s c a l e ε ˙ s c a l e        
Ti Cp              

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
mat_ID 材料識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
mat_title 材料のタイトル

(文字、最大100文字)

 
ρ i 初期密度

(実数)

[ kg m 3 ]
E 初期ヤング率

(実数)

[ Pa ]
v ポアソン比。

(実数)

 
fct_IDE ヤング率のスケールファクターの関数ID(ヤング率が塑性ひずみの関数である場合)
= 0(デフォルト)
この場合はヤングの進展はEinfCEに応じて決まります。

(整数)

 
Einf 無限の塑性ひずみに対する飽和ヤング率

(実数)

[ Pa ]
CE ヤング率進展のパラメータ

(実数)

 
r00 0°のランクフォードパラメータ 3

デフォルト = 1.0(実数)

 
r45 45°のランクフォードパラメータ

デフォルト = 1.0(実数)

 
r90 90°のランクフォードパラメータ

デフォルト = 1.0(実数)

 
Chard 硬化係数。
= 0
硬化は完全等方性モデルです。
= 1
硬化は運動学的Prager-Zieglerモデルです。
= 01の値
硬化は2つのモデル間で補間されます。

(実数)

 
Iyield0 降伏応力フラグ
= 0
平均降伏応力入力
= 1
直交方向1の降伏応力

(整数)

 
ε p m a x 破壊塑性ひずみ。

デフォルト = 1.0x1030(実数)

 
ε t 応力が減少し始める引張破壊ひずみ。

デフォルト = 1.0x1030(実数)

 
ε m 要素内の応力が0に設定される最大引張破壊ひずみ

デフォルト = 2.0x1030(実数)

 
Tab_ID 降伏応力を定義するためのテーブル識別子

(整数)

 
σ s c a l e 降伏応力のスケールファクター

デフォルトは1.0に設定されます(実数)

[ Pa ]
ε ˙ s c a l e ひずみ速度のスケールファクター

デフォルトは1.0に設定されます(実数)

[ 1 s ]
Ti 初期温度。

デフォルトは293Kに設定されます(実数)

[ K ]
C p 単位質量あたりの比熱

(実数)

[ J kgK ] MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeaaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaWaamWaaeaada WcaaqaaiaabQeaaeaacaqGRbGaae4zaiabgwSixlaabUeaaaaacaGL BbGaayzxaaaaaa@3DB3@

例(鋼材)

#RADIOSS STARTER
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/UNIT/1
unit for mat
                   g                  mm                  ms
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#-  2. MATERIALS:
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/MAT/LAW73/1/1
steel
#              RHO_I
              0.0078
#                  E                  NU
            210000.0                 0.3
#FUNCT_IDE                          EINF                  CE
         0                             0                   0
#                R00                 R45                 R90              C_HARD   Iyield0
                 1.6                 1.6                 1.6                 0.0         0
#           EPSP_MAX              EPS_T1              EPS_T2
                   0                   0                   0
#    TABLE                  SIGMA_SCALE         EPSPT_SCALE
        10                             0                   0                                        
#                 TI                  CP
                273.                  4.
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/TABLE/1/10
table
         3
      1011                           0.0                273.                                       
      1013                          0.02                300.                                       
      1013                          0.04                300.                                       
      1012                           0.0                300.                                       
      1012                          0.02                273.                                       
      1012                          0.04                273.                                       
/FUNCT/1011
1st
                 0.0               185.0
                 0.1               339.0
                 1.0               339.0
/FUNCT/1012
2nd
                 0.0               190.0
                 0.1               344.0
                 1.0               344.0
/FUNCT/1013
3rd
                 0.0               195.0
                 0.1               349.0
                 1.0               349.0
#ENDDATA
/END
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|

コメント

  1. この材料則は、プロパティセット/PROP/TYPE9 (SH_ORTH)または/PROP/TYPE10 (SH_COMP)と共に使用する必要があります。
  2. 降伏応力はユーザー関数で定義し、次の等価応力と比較されます:
    (1)
    σ e q = A 1 σ 1 2 + A 2 σ 2 2 - A 3 σ 1 σ 2 + A 12 σ 12 2
  3. ランクフォードパラメータの角度は、直交異方性方向1に対して定義されます。
    R = r 00 + 2 r 45 + r 90 4 H = R 1 + R
    A 1 = H ( 1 + 1 r 00 ) A 2 = H ( 1 + 1 r 90 )
    A 3 = 2 H A 12 = 2 H ( r 45 + 0.5 ) ( 1 r 00 + 1 r 90 )
    r 00 = A 3 2 A 1 A 3 r 45 = 1 2 ( A 12 A 1 + A 2 A 3 1 )
    r 90 = A 3 2 A 2 A 3  
    ランクフォードパラメータ r α は、面内の塑性ひずみと厚み方向の塑性ひずみ ε 33 との比率です。(2)
    r α = d ε α + π / 2 d ε 33

    ここで、αは、直交異方性方向1に対して成す角度です。

    このランクフォードパラメータ r α は、角度αで実施する簡易な引張試験によって特定できます。

    Rの大きな値は、成形性に優れていることを意味します。

  4. ε p (塑性ひずみ)が1つの積分点で ε p max に到達すると、対応するシェル要素が削除されます。
  5. 最大主ひずみが ε 1 > ε t の場合、応力は次の関係式に従って減少します: (3)
    σ = σ ( ε m ε 1 ε m ε t )
  6. ε 1 > ε m の場合、応力は0に減少します(ただし、要素は削除されません)。
  7. この材料則は、常に反復投影を使用して可塑性を計算します(プロパティセットのIplasは無視されます)。
  8. この材料則は、可塑性のための全体定式化では使用できません(シェルプロパティでN=0は使用できません)。
  9. 降伏応力定義用のテーブルは、塑性ひずみ、ひずみ速度、温度をそれぞれ表すパラメータ ( ε p , ε ˙ , T ) を含む3次元テーブルである必要があります。テーブルの値は、降伏応力値です。
  10. ε m 1 p ε p ε m p かつ ε ˙ n 1 ε ˙ ε ˙ n かつ T q 1 T T q である場合、降伏は、 ( ε i p , ε ˙ j , T k ) , i = m 1 , m ; j = n 1 , n ; k = q 1 , q に対応するテーブルの8つの値の間で線形補間されます。
  11. ( ε p , ε ˙ , T ) がテーブルの範囲に収まらない場合、降伏応力は線形外挿によって得られます。したがって、ひずみ速度ゼロに対応する静的曲線をテーブルに入力する必要があります( ε ˙ = 0 のエントリをテーブル定義に含める必要があります)。
    /HEAT/MATオプションが材料識別子に関連付けられていない場合、断熱条件が仮定されて温度は次のように計算されます:(4)
    Τ = T i + E i n t ρ C p ( V o l u m e )
    ここで、
    E int
    Radiossによって計算される内部エネルギー
    σ
    Volumeは現在の密度と体積
    C p
    単位質量当たりの熱容量

    上記とは別の方法を指定する場合、熱伝導のための有限要素定式化が必要になります(/HEAT/MATオプションでIform =1を設定します)。この場合、/HEAT/MATオプションに入力された初期温度と比熱が使用されます。

  12. 降伏応力が直交方向1で取得された場合は、Iyield0 =1を定義します。そうでない場合は、Iyield0=0を定義します。