/MAT/K-EPS

ブロックフォーマットキーワード 液体の k ε MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4Aaiabgk HiTiabew7aLbaa@397B@ 乱流粘性材料を記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/MAT/K-EPS/mat_ID/unit_ID
mat_title
ρ i ρ 0            
ν Pmin            
ρ 0 k 0 SSL            
c μ σ k σ ε P r / P rt    
C 1ε C 2 ε C 3ε        
κ E α χ t    

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
mat_ID 材料識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
mat_title 材料のタイトル

(文字、最大100文字)

 
ρ i 初期密度

(実数)

[ kg m 3 ]
ρ 0 E.O.S(状態方程式)で使用される基準密度

デフォルト = ρ i (実数)

[ kg m 3 ]
ν 運動粘性

(実数)

[ m 2 s ]
Pmin 圧力のカットオフ

(実数)

[ Pa ]
ρ 0 k 0 初期乱流エネルギー(第1パート)

(実数)

[ J ]
SSL サブグリッドスケール長さ(第1パート)

デフォルト = 1e+10  (実数)

[ m ]
c μ 乱流粘性係数(第2パート)

デフォルト = 0.09(実数)

 
σ k k拡散係数(第2パート)

デフォルト = 1.00(実数)

 
σ ε 消散のPrandtl数(第2パート)

デフォルト = 1.30(実数)

 
P r / P rt 層流 / 乱流Prandtl比(第2パート)

デフォルト = 0.7/0.9(実数)

 
C 1 ε ε 方程式係数1(第3パート)

デフォルト = 1.440(実数)

 
C 2ε ε 方程式係数2(第3パート)

デフォルト = 1.920(実数)

 
C 3ε ε 方程式係数3(第3パート)

デフォルト = -0.375(実数)

 
κ Kappa壁定数(第4パート)

デフォルト = 0.4187(実数)

 
E E Kappa壁定数(第4パート)

デフォルト = 9.7930(実数)

 
α κ ε τ 偏心(第4パート)

デフォルト = 0.5000(実数)

 
χ t ソース項倍率(第4パート)

(実数)

 

例(気体)

#RADIOSS STARTER
/UNIT/1
unit for mat
                  kg                   m                   s
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/MAT/K-EPS/4/1
GAS
#              RHO_I               RHO_0
               .3828                   0
#                KNU                Pmin
             1.05E-4                   0
#            RHO0_K0                 SSL
                  20                   0    
#               C_MU               SIG_k             SIG_EPS         P_R_ON_P_RT
                   0                   0                   0
#             C_1eps              C_2eps              C_3eps
                   0                   0                   0              
#              KAPPA                   E              ALPHA                GSI_T
                   0                   0                   0                   0
/EOS/POLYNOMIAL/4/1
GAS
#                 C0                  C1                  C2                  C3
                   0                   0                   0                   0
#                 C4                  C5                  E0                Pmin               RHO_0
                 0.4                 0.4              253300                   0                1.22
/ALE/MAT/4
#     Modif. factor.
                   0
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#enddata
/END
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|

コメント

  1. (1)
    S ij = 2 ρ ν eq e ˙ ij
    ここで、
    S i j
    偏差応力テンソル
    e i j
    偏差ひずみテンソル
    • 材料が境界条件に結合されている場合は、乱流境界層モデルが使用されます。
      (2)
      v eq = max ( v , v κ ( y + ln ( E y + ) ) )
      (3)
      y + = c μ k 2 ε α κ ν
      (4)
      χ = ( 1 χ t ) + χ t α ln ( E y + )

      ここで、 κ MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqOUdSgaaa@37A8@ は乱流運動エネルギーです。

    • 層流と乱流のPrantl数の比が P r / P r t より大きい場合は次のようになります:
      • 層流:(5)
        ν eq = ν
      • 乱流:(6)
        ν eq = ν + c μ k 2 ε
      ここで、 ε ˙ は乱流散逸であり、次の式を用いて計算します:(7)
      d d t V ρ ε d V = S ρ ε ( v w ) n d S + S μ t σ ε g r a d ( ε ) n d S + V S ε d V

      ここで、

      μ t = C μ κ 2 ε (乱流粘性)(8)
      G = v i x j [ μ t ( v i x j + v j x i 2 3 ρ κ δ i j ) 2 3 ρ κ δ i j ]
      (9)
      S ε = ε κ ( C 1 ε G C 2 ε ρ ε + C 3 ε ρ κ v j x j )
      ここで、
      v
      材料速度
      w
      グリッド速度
  2. 流体力学的圧力の状態方程式は、/EOSカードで指定されていなければなりません。

    P = c s t = 0 の場合、 C 1 μ + α ν T = 0 、したがって μ = α ν T C 1

    ここで、
    μ
    膨張係数
    μ < 0
    膨張
    この場合パラメータC2C3は考慮されません。
  3. 液相(気相を含まない)に対して/MAT/LAW37 (BIPHAS)とLAW6を組み合わせて使用する場合は、液体EOSの適合性が以下のようになります:

    Δ P 1 = C 1 μ --右記の場合; /MAT/LAW37 (BIPHAS)

    p = C 0 + C 1 μ + C 2 μ 2 + C 3 μ 3 + ( C 4 + C 5 μ ) E --LAW6の場合 (上記の例で定義されている多項式EOSを介し)

    したがって: p = C 1 μ

  4. 気相(液相を含まない)に対して/MAT/LAW37 (BIPHAS)とLAW6を組み合わせて使用する場合は、気体EOSの適合性が以下のようになります:

    P V γ = c o n s t . --右記の場合; /MAT/LAW37 (BIPHAS)

    p = ( γ 1 ) ( μ + 1 ) E --LAW6の場合(/EOS/IDEAL-GAS状態方程式を介し)

    ここで、 E MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqGqFfpeea0xe9vq=Jb9 vqpeea0xd9q8qiYRWxGi6xij=hbba9q8aq0=yq=He9q8qiLsFr0=vr 0=vr0db8meaabaqaciGacaGaaeqabaWaaeaaeaaakeaacaWGfbaaaa@3832@ は単位体積当たりのエネルギーです。

  5. すべての熱データ( ρ 0 C p , T 0 , A , a n d B )はキーワード/HEAT/MATで定義できます。