/MAT/LAW3 (HYDPLA)

ブロックフォーマットキーワード この材料則は、Johnson-Cook材料モデルを使用して、等方性弾塑性材料を表します。

このモデルは材料の応力をひずみの関数で表し、対応する状態方程式が指定されている場合に、圧力と体積ひずみの間の非線形依存を考慮することがあります。最大塑性ひずみに基づくビルトインの破壊基準が用意されています。この材料則はソリッド要素のみと適合性があります。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/MAT/LAW3/mat_ID/unit_IDまたは/MAT/HYDPLA/mat_ID/unit_ID
mat_title
ρ i ρ 0            
E ν            
a b n ε p m a x σ max
Pmin              

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
mat_ID 材料識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
mat_title 材料のタイトル

(文字、最大100文字)

 
ρ i 初期密度

(実数)

[ kg m 3 ]
ρ 0 E.O.S(状態方程式)で使用される基準密度

デフォルト = ρ 0 = ρ i (実数)

[ kg m 3 ]
E ヤング率

(実数)

[ Pa ]
ν ポアソン比

(実数)

 
a 塑性降伏応力

(実数)

[ Pa ]
b 塑性硬化パラメータ

(実数)

[ Pa ]
n 塑性硬化指数

(実数)

 
ε p m a x 破壊塑性ひずみ

デフォルト = 1030(実数)

 
σ max 最大応力

デフォルト = 1030(実数)

[ Pa ]
Pmin カットオフ最小圧力 ( < 0 )

デフォルト = -1030(実数)

[ Pa ]

例(アルミニウム)

#RADIOSS STARTER
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/UNIT/1
unit for mat
                  g                  cm                 mus
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#-  2. MATERIALS:
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/MAT/HYDPLA/1/1
Aluminum
#              RHO_I               RHO_0
                 2.8                   0
#                  E                  nu
              .72352                 .33
#                  a                   b                   n             eps_max           sigma_max
               .0024               .0042                  .8                   9               .0068
#               Pmin                 Psh
               -.005
/EOS/TILLOTSON/1/1
Aluminum
#                 C1                  C2                   A                   B
                .752                 .65                  .5                1.63
#                 ER                  ES                  VS                  E0               RHO_0
                .135                .081                 1.1                   0                   0
#              ALPHA                BETA
                   5                   5
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#ENDDATA
/END
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|

コメント

  1. このモデルでは、相当応力が塑性降伏応力よりも低い時、材料は線形弾性材料として挙動します。もっと高い応力値では、材料は塑性挙動で、応力は以下のように計算されます: (1)
    σ = ( a + b ε p n )

    ここで、 ε ¯ p は塑性ひずみです。

  2. 塑性降伏応力は常にゼロよりも大きい必要があります。純塑性挙動をモデル化するには、塑性降伏応力を1030に設定します。
  3. デフォルトでは、静水圧は体積ひずみに線形比例します:(2)
    P = K μ

    ここで、 K = E 3 ( 1 2 ν ) は体積弾性率、 μ = ρ ρ 0 1 MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbbG8FasPYRqj0=yi0dXdbba9pGe9xq=JbbG8A8frFve9 Fve9Ff0dmeaabaqaciGacaGaaeqabaWaaeaaeaaakeaacqaH8oqBcq GH9aqpdaWcaaqaaiabeg8aYbqaaiabeg8aYnaaBaaaleaacaaIWaaa beaaaaGccqGHsislcaaIXaaaaa@3F42@ は体積ひずみです。

    静水圧と体積ひずみの間の非線形依存を組み込むために、追加の状態方程式(状態方程式)カードでこの材料を参照することができます。降伏応力は正の値である必要があります。

  4. 引張、圧縮、またはせん断について、1つの積分点で ε ¯ p ε p m a x の値に達した(または超えた)場合、ソリッド要素が削除されます。