*MAT_121 (GENERAL_NONLINEAR_1DOF_DISCRETE_BEAM)

LS-DYNA入力インターフェースキーワード1つの自由度(DOF)を持つ非線形弾塑性離散化ビーム材料を定義します。さまざまな載荷挙動と除荷挙動を指定できます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
*MAT_121または*MAT_GENERAL_NONLINEAR_1DOF_DISCRETE_BEAM
mat_ID ρ i K H        
LCL LCU LCD          
FAILT FAILC            

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
mat_ID 材料識別子

(整数)

 
ρ i 初期密度

(実数)

[ kg m 3 ]
K 剛性。

(実数)

[ N m ]
H 除荷のオプション。
= 0(デフォルト)
弾性スプリング
= 1
非線形除荷と等方性硬化。
= 2
除荷時の弾性ヒステリシス。
= 3
非線形除荷を伴う非線形弾塑性スプリング

(実数)

 
LCL 力対変位載荷曲線の曲線識別子。

(整数)

 
LCU 力対変位除荷曲線の曲線識別子。

(整数)

 
LCD 力対速度減衰曲線の曲線識別子。

(整数)

 
FAILT 引張時の破壊伸張量。

(実数)

[ m ]
FAILC 圧縮時の破壊伸張量。

(実数)

[ m ]

コメント

  1. このキーワードは、1つの自由度(DOF)を持つ/MAT/LAW108 (SPR_GENE)にマップされます。
  2. 自由度の方向は、*SECTION_BEAMで指定した座標系によります。デフォルトでは全体座標系を使用します。
  3. この材料は、離散化ビームでのみ使用します(*SECTION_BEAMCA>0およびELFORM=6)。
  4. 初期長さをゼロとしたビーム要素の使用をお勧めします。
  5. このキーワードの最後にオプション“_TITLE”を追加することができます。“_TITLE”が含まれている場合、キーワード入力行の後に余分に80文字の長さの行が追加され、エンティティタイトルを定義できるようになります。