*MAT_081 (PLASTICITY_WITH_DAMAGE)

LS-DYNA入力インターフェースキーワードこのキーワードは、簡潔な損傷モデルとさまざまなひずみ速度による表形式の応力対塑性ひずみ入力を使用して、等方性弾塑性材料を定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
*MAT_081または*MAT_PLASTICITY_WITH_DAMAGE
mat_ID ρ i E ν SIGY ETAN FAIL  
C P LCSS LCSR EPS_max VP   Numint
EPS1 EPS2 EPS3 EPS4 EPS5 EPS6 EPS7 EPS8
ES1 ES2 ES3 ES4 ES5 ES6 ES7 ES8

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
mat_ID 材料識別子

(整数)

 
ρ i 初期密度

(実数)

[ kg m 3 ]
E ヤング率

(実数)

[ Pa ]
v ポアソン比

デフォルト = 0(実数)

 
SIGY 降伏応力(LCSS0より大きい場合、または指定した応力対ひずみ値EPS1EPS8ES1ES8より大きい場合は、無視されます)

(実数)

[ Pa ]
ETAN 塑性硬化係数(LCSS > 0の場合は使用しません)

(実数)

[ Pa ]
FAIL 材料が軟化する塑性ひずみ

(実数)

 
C ひずみ速度係数

(実数)

[ 1 s ]
P ひずみ速度指数

(実数)

 
LCSS 応力対塑性ひずみ特性の曲線または表の識別子

(整数)

[ Pa ]
LCSR 該当のひずみ速度での応力対ひずみ曲線のスケーリング係数を設定する曲線の識別子

(整数)

 
EPS_max 要素が削除される塑性ひずみ

(実数)

 
VP ひずみ速度タイプのフラグ:
0
全ひずみ速度
1
塑性ひずみ速度

(整数)

 
EPS1-EPS8 塑性ひずみのデータポイント

(実数)

 
ES1-ES8 降伏応力のデータポイント

(実数)

[ Pa ]

コメント

  1. このキーワードは、入力に応じて/MAT/LAW36 (PLAS_TAB)または/MAT/LAW44 (COWPER)にマップされます。
  2. このキーワードの最後にオプション“_TITLE”を追加することができます。“_TITLE”が含まれている場合、キーワード入力行の後に余分に80文字の長さの行が追加され、エンティティタイトルを定義できるようになります。