*MAT_068 (NONLINEAR_PLASTIC_DISCRETE_BEAM)

LS-DYNA入力インターフェースキーワードこのキーワードは、プレロードを指定できる6つの切り離された自由度を持つ非線形弾塑性離散化ビーム材料を定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
*MAT_068または*MAT_NONLINEAR_PLASTIC_DISCRETE_BEAM
mat_ID ρ i TK_r TK_s TK_t RK_r RK_s RK_t
TD_r TD_s TD_t RD_r RD_s RD_t    
LCPD_r LSPD_s LCPD_t LCPM_r LCPM_s LCPM_t    
FFAIL_r FFAIL_s FFAIL_t MFAIL_r MFAIL_s MFAIL_t    
UFAIL_r UFAIL_s UFAIL_t TFAIL_r TFAIL_s TFAIL_t    
FO_r FO_s FO_t MO_r MO_s MO_t    

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
mat_ID 材料識別子

(整数)

 
ρ i 初期密度

(実数)

[ kg m 3 ]
TK_r TK_sTK_t r、s、tの各方向の剛性

(実数)

[ N m ]
RK_r RK_sRK_t r、s、tの各軸の回転剛性

(実数)

[ N m rad ]
TD_r TD_sTD_t r、s、tの各方向の減衰

(実数)

[ N • s m ]
RD_r RD_sRD_t r、s、tの各方向の回転減衰

(実数)

[ Nms rad ]
LCPD_r LCPD_sLCPD_t r、s、tの各方向の力対塑性変位曲線の識別子。コメント4をご参照ください。

(実数)

[ N ]
LCPM_r LCPM_s LCPM_t r、s、tの各方向のモーメント対塑性回転曲線の識別子。コメント4をご参照ください。

(実数)

[ Nm ]
FO_r FO_sFO_t r、s、tの各方向の、力によるプレロード [ N ]
MO_rMO_sMO_t r、s、tの各方向の、モーメントによるプレロード [ Nm ]
FFAIL_r FFAIL_sFFAIL_t r、s、tの各方向の破壊力 [ N ]
MFAIL_rMFAIL_sMFAIL_t r、s、tの各方向の破壊モーメント [ Nm ]
UFAIL_rUFAIL_sUFAIL_t r、s、tの各方向の破壊伸張量 [ m ]
TFAIL_rTFAIL_sTFAIL_t r、s、tの各方向の破壊回転角度 [ rad ]

コメント

  1. このキーワードは/MAT/LAW108 (SPR_GENE)にマップされます。
  2. この材料は、*SECTION_BEAMELFORM = 6とした離散化ビーム要素のみで使用できます。
  3. 初期長さをゼロとしたビームの使用をお勧めします。
  4. 力対変位曲線とモーメント対角度曲線は、第一象限でのみ指定できます。圧縮時のスプリングの挙動は、入力した曲線の鏡映になるため、圧縮と引張の挙動は等しくなります。
  5. 同じ自由度に対して力に基づく破壊と変位に基づく破壊の両方を定義している場合は、力に基づく破壊のみが使用されます。
  6. このキーワードの最後にオプション“_TITLE”を追加することができます。“_TITLE”が含まれている場合、キーワード入力行の後に余分に80文字の長さの行が追加され、エンティティタイトルを定義できるようになります。