/MADYMO/EXFEM

ブロックフォーマットキーワード 交換FEMの定義を記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/MADYMO/EXFEM/exfem_ID
exfem_title
part_ID1 part_ID2 part_ID3              

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
exfem_ID 交換FEM識別子

(整数、最大10桁)

 
exfem_title 交換FEMのタイトル

(文字、最大100文字)

 
part_ID1 パート識別子1

(整数)

 
part_ID2 パート識別子2

(整数)

 
part_ID3 パート識別子3

(整数)

 

コメント

  1. Madymoは、TNO Madymo BV社の登録商標です。
  2. exfem_IDexfem_titleの両方をMadymoと交換することはできません。
  3. Madymo入力ファイルでは、関連する節点IDの他に要素IDパートIDも使用することができます。これにより、これらのRadiossエンティティとMadymo MB等のFEモデルとの間の接触インターフェースを定義できます。これらのパートは、シェル、3節点シェル、または8節点ソリッドのパートである必要があります。
  4. / MADYMO/LINKオプションでは、これらのパートに属する節点は一切使用できません。使用した場合、Radioss Starterでエラーが発生します。
  5. 上記のパートに属する節点は、Madymoのインターフェースから接触力を受ける場合、TYPE2のインターフェースのセカンダリ節点にも、Radioss内の剛体のセカンダリ節点にもすることはできません。交換パートに属する節点をTYPE2のインターフェースのスレーブ節点または剛体のセカンダリ節点にした場合、Radioss Starterから警告が出力されます。