/LOAD/PFLUID

ブロックフォーマットキーワード このエントリは構造上で流体力学的流体圧力をシミュレートするシンプルな方法を提供します。流体圧力は指定された流体速度、流体速度に対する構造サーフェスの方向、構造サーフェス上の流体カラムの高さに基づいて計算されます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/LOAD/PFLUID/load_ID/unit_ID
load_title
surf_ID sens_ID                
fct_hsp   Ascalex_hsp Fscaley_hsp        
Dir_hsp frahsp_ID                
fct_pc   Ascalex_pc Fscaley_pc        
fct_vel   Ascalex_vel Fscaley_vel        
Dir_vel fravel_ID                

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
load_ID 荷重ブロック識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
load_title 荷重ブロックのタイトル

(文字、最大100文字)

 
surf_ID サーフェス識別子

(整数)

 
sens_ID センサーの識別子

(整数)

 
fct_hsp 構造サーフェス上の流体カラムの高さの関数としての静水圧

(整数)

 
Ascalex_hsp fct_hspの横軸のスケールファクター

デフォルト = 1.0(実数)

[ s ]
Fscaley_hsp fct_hspの縦軸スケールファクター

デフォルト = 1.0(実数)

[ Pa ]
Dir_hsp 構造サーフェス上の水柱の垂直(重力)方向(入力は X、Y または Z)

(テキスト)

 
frahsp_ID 構造サーフェス上の水柱の垂直(重力)方向のフレーム識別子

(整数)

 
fct_pc 時間の関数としての流体力学的抗力係数 4

(整数)

 
Ascalex_pc fct_pcの横軸のスケールファクター

デフォルト = 1.0(実数)

[ s ]
Fscaley_pc fct_pcの縦軸スケールファクター

デフォルト = 1.0(実数)

[ kg m 3 ]
fct_vel 時間の関数としての流体速度

(整数)

 
Ascalex_vel fct_velの横軸のスケールファクター

デフォルト = 1.0(実数)

[ s ]
Fscaley_vel fct_velの縦軸スケールファクター

デフォルト = 1.0(実数)

[ m s ] MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaWaamWaaeaada Wcaaqaaiaab2gaaeaacaqGZbaaaaGaay5waiaaw2faaaaa@39DE@
Dir_vel 流体速度の方向(入力は X、Y または Z)

(テキスト)

 
fravel_ID 流体速度の方向のフレーム識別子

(整数)

 

例(風による影響)

この例では、/LOAD/PFLUIDを使用して、風速15mm/msの風による織物への影響をシミュレートします。

load_pfluid_example
図 1.
#RADIOSS STARTER
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/UNIT/1
unit for load
#              MUNIT               LUNIT               TUNIT
                 kg                  mm                  ms
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/LOAD/PFLUID/1/1
Wind effect
#  surf_ID   sens_ID
         8         0
#  fct_hsp                   Ascalex_hsp         Fscaley_hsp
         0                             0                   0
#  Dir_hsp frahsp_ID
                   0
#   fct_pc                    Ascalex_pc          Fscaley_pc
         2                             0                   2
#  fct_vel                   Ascalex_vel         Fscaley_vel
         3                             0                  15
#  Dir_vel fravel_ID
         Y         0
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/FUNCT/2
Air density
#                  X                   Y
                   0              1.2E-9
                1000              1.2E-9
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/FUNCT/3
Air velocity
#                  X                   Y
                   0                   1
                1000                   1
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#ENDDATA

コメント

  1. 構造サーフェスの各要素に適用される流体圧力は次のように計算されます:(1)
    P = ρ g h + V 2 ( t ) ( ρ D ( t ) ) 2
    ここで、
    ρ
    流体密度
    g MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4zaaaa@36E2@
    重力による加速度
    h MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4zaaaa@36E2@
    構造サーフェス上の水柱の高さ
    V ( t )
    構造サーフェスの要素に垂直な相対流体速度
    D ( t )
    完全な構造サーフェスの抗力係数
    抗力係数の値は、流体流動の方向のボディの断面形状に応じて異なります(図 2)。

    measured_drag_coefficients
    図 2. さまざまな形状の係数値をドラッグ
  2. 構造サーフェス上の流体カラムの高さ( h )の関数として流体圧力( ρ g h )は、関数fct_hspを使用して設定されます。これが定義されない場合(=0の場合)、効果は評価されません(fct_hsp(altitude)=0)。
  3. 流体力学的圧力は、流体速度と要素の法線の相対的な方向に対して計算されます。(2)
    V ( t ) = | ( ( V f l u i d V e l e m e n t ) , n ) |
    ここで、
    V f l u i d
    指定された流体速度(fct_vel(t))定義されない場合(=0の場合)、流体速度の効果は評価されません( V ( t ) = 0)。
    V e l e m e n t
    要素の速度
    n
    要素の法線
  4. fct_pc は、 ρD(t) の値を時間の関数として設定します。これが指定されない場合、流体速度の効果は評価されません。