/INTER/TYPE9

ブロックフォーマットキーワード ボイド開口部および自由サーフェスを持つALE Lagrangeを記述します。衝撃を受けないALE節点は、自由サーフェス上にあります。グリッド速度は、法線方向の材料速度と同じです。メインサーフェス要素の法線は、セカンダリ節点の方向を向いている必要があります。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/INTER/TYPE9/inter_ID
inter_title
surf_IDA surf_IDL                
RTH Fric Gap        
  ITH IEUL   Upwind FS    

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
inter_ID インターフェースの識別子

(整数、最大10桁)

 
inter_title インターフェースのタイトル

(文字、最大100文字)

 
surf_IDA ALEセカンダリサーフェスの識別子

(整数)

 
surf_IDL Lagrangeメインサーフェスの識別子
= 0
このインターフェースがALE自由サーフェスとして使用されます。

(整数)

 
RTH サーフェス単位あたりの熱抵抗

(実数)

[ K W ]
Fric Coulomb摩擦

(実数)

 
Gap 衝撃アクティブ化のギャップ

(実数)

[ m ]
ITH サーマルブリッジフラグ
= 1

(整数)

 
IEUL 接線方向のEuler動作フラグ
= 1
衝撃を受けないセカンダリ節点のグリッド速度はサーフェスの接線方向で0に設定されます。衝撃を受ける節点のグリッド速度は、メインセグメントによって固定されます。フラグIEULはグリッド境界条件を持つセカンダリ節点では無視されます。

(整数)

 
Upwind 自由サーフェス法線を計算するための風上
= 0
風上なし
= 1
風上最大

(実数)

 
FS サーフェスの張力

(実数)

[ N ]

コメント

  1. フォーマット行5は、剛体のメイン / セカンダリ定式化とは適合性がありません。Lagrangeメインサーフェスの節点の一部が剛体内にある場合、剛体の動きではこれらの節点にかかるインターフェースの力は考慮されません。