/INTER/TYPE1

ブロックフォーマットキーワード ALE境界節点は、流体構造相互作用を構築するためにLagrangianサーフェスに結合されることが可能です。これによりLagrangianサーフェスはスライディング壁境界条件として作用します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/INTER/TYPE1/inter_ID
inter_title
surf_IDA surf_IDL                

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
inter_ID インターフェースの識別子

(整数、最大10桁)

 
inter_title インターフェースのタイトル

(文字、最大100文字)

 
surf_IDA ALEサーフェスの識別子。

(整数)

 
surf_IDL Lagrangeサーフェスの識別子

(整数)

 

コメント

  1. このインターフェースは、Lagrangianメインサーフェスが剛体内にある際は適合しません。
  2. Lagrangianサーフェスの法線は、特定の方向に向いている必要はありません。
  3. 小さいギャップ(正または負)がALEサーフェスの節点群とLagrangianサーフェスの間に存在し得ます。
  4. Lagrangianサーフェスは流体領域内に置くことはできません。ALEのメッシュの外側に配置する必要があります。