/INTER/TYPE18

ブロックフォーマットキーワード このインターフェースは、FSIアプリケーションについてALEとLagrangeの間の非直接連成を管理します。ペナルティ法が使用され、剛性とギャップ値を必要とします。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/INTER/TYPE18/inter_ID
inter_title
  surf_ID grbric_ID       Ipres Idel    
Stfval     Gap Tstart Tstop
        VISs     Bumult
空白のフォーマット

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
inter_ID インターフェースの識別子

(整数、最大10桁)

 
inter_title インターフェースのタイトル

(文字、最大100文字)

 
surf_ID Lagrangeサーフェスの識別子

(整数)

 
grbric_ID Euler 3次元ソリッド要素またはALE 3次元ソリッド要素のグループの識別子。3D解析に使用。

(整数)

 
Ipres 圧力修正フラグ。
= 0
圧力は修正されません。
= 1
圧力の中央値分減圧されます。
= 2
平均サーフェス圧力分減圧されます。
= 3
平均予想体積圧力分減圧されます。

(整数)

 
Idel 節点およびセグメントの削除フラグ。
= 0(デフォルト)
削除しません。
= 1
1つのセグメントに関連付けられたすべての要素(4節点シェル、3節点シェル、ソリッド)を削除すると、そのセグメントがインターフェースのLagrange側から除去されます。
また、結合していない節点がインターフェースのEuler側またはALE側から除去されます。
= 2
4節点シェル要素、3節点シェル要素、またはソリッド要素を削除すると、インターフェースのLagrange側からその要素に対応するセグメントが除去されます。
また、結合していない節点がインターフェースのEuler側またはALE側から除去されます。

(整数)

 
Stfval インターフェースの剛性値。 3

(実数)

[ N m ]
Gap インターフェースのギャップ 4

(実数)

[ m ]
Tstart 開始時間。

(実数)

[ s ]
Tstop 一時的な非アクティブ化の時間。

(実数)

[ s ]
VISs 面剛性の臨界減衰係数

(実数)

 
Bumult ソートアルゴリズムの高速化のためのソート係数。

デフォルトは0.20に設定されます(実数)

 

コメント

  1. SPMD並列化の場合は、surf_IDで定義しているLagrangeセグメントをそれぞれ1つの要素に関連付ける必要があります。この要素は、/PROP/VOIDを割り当てたボイド要素でもかまいません。
  2. Bumultのデフォルト値は、150万個を超える節点を持つモデルでは0.30に、250万個を超える節点を持つモデルでは0.40に自動的に増やされます。
  3. Stfvalの推奨値は:(1)
    S t f v a l = ρ v 2 S e l G a p MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4uaiaads hacaWGMbGaamODaiaadggacaWGSbGaeyypa0ZaaSaaaeaacqaHbpGC cqGHflY1caWG2bWaaWbaaSqabeaacaaIYaaaaOGaeyyXICTaam4uam aaBaaaleaacaWGLbGaamiBaaqabaaakeaacaWGhbGaamyyaiaadcha aaaaaa@4A6C@
    ここで、
    ρ
    (最も高い)流体密度
    ν
    現象の推定相対速度
    S e l
    Lagrange要素の表面積平均
    • 流体が非圧縮性の場合(ディッチングやスロッシングなど)は、LagrangeサーフェスとEuler節点またはALE節点との間の相対速度を使用します(たとえば、ディッチングではこの速度が構造の初速度となります)。
    • たとえば:
      • 流体が圧縮性であっても、現象の速度が超音速でなければ、Euler材料節点またはALE材料節点で発生する最大の音速を使用します(たとえば、水と空気であれば水中の音速を使用します)。
      • 圧縮製で遷音速の場合(たとえば、0.9 < Mach < 1.1)は、次のように置き換えます:

        S t f v a l = ρ v 2 S e l G a p MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4uaiaads hacaWGMbGaamODaiaadggacaWGSbGaeyypa0ZaaSaaaeaacqaHbpGC cqGHflY1caWG2bWaaWbaaSqabeaacaaIYaaaaOGaeyyXICTaam4uam aaBaaaleaacaWGLbGaamiBaaqabaaakeaacaWGhbGaamyyaiaadcha aaaaaa@4A6C@ ここで、 S t f v a l = ρ v c S e l G a p MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4uaiaads hacaWGMbGaamODaiaadggacaWGSbGaeyypa0ZaaSaaaeaacqaHbpGC cqGHflY1caWG2bGaeyyXICTaam4yaiabgwSixlaadofadaWgaaWcba GaamyzaiaadYgaaeqaaaGcbaGaam4raiaadggacaWGWbaaaaaa@4CAB@

        ここで、
        ν
        現象の速度
        c
        流体中の音速
        S e l
        Lagrange要素の表面積平均
      • 圧縮性で超音速の場合(つまり、Mach > 1)は、 衝撃波の速度を使用します(必ずではないが通常は衝撃速度)。
      • 爆発の場合は、Chapman Jouguet速度を使用します。
  4. Gapは、インターフェースのギャップ。推奨値は、1.5 x 接触部分に対する法線方向に沿った流体要素のサイズです。
  5. 2020より前のバージョンでは、流体のEuler節点やALE節点は、1行目の第1フィールドでgrnd_IDsを使用して定義していました。この入力フォーマットは、レガシーモデルには今もサポートされています。