/INTER/LAGMUL/TYPE16

ブロックフォーマットキーワード このインターフェースは、節点と3次元ソリッドの外部サーフェス間の衝撃をシミュレートします。外部サーフェスは、16節点厚肉シェル要素、20節点3次元ソリッド要素、8節点3次元ソリッド要素、または8節点厚肉シェル要素のいずれかが可能です。

このインターフェースでは、Lagrange乗数運動条件が使用されます。これらの運動条件は、他のLagrange乗数運動条件とのみ適合性があります。このインターフェース定式化は、SPMD並列バージョンとの適合性がありません。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/INTER/LAGMUL/TYPE16/inter_ID/unit_ID
inter_title
grnd_IDs grbrc_IDm                
    ITIED              

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
inter_ID インターフェースの識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
inter_title インターフェースのタイトル

(文字、最大100文字)

 
grnd_IDs セカンダリ節点グループ識別子

(整数)

 
grbrc_IDm メイン3次元ソリッド要素の識別子

(整数)

 
ITIED タイドオプションフラグ
= 0
スライディング
= 1
タイド - セカンダリ節点は衝撃時に結合され、リバウンド可能です。

(整数)

 

コメント

  1. 3次元ソリッド要素(8節点、20節点)の場合、接触は面1-2-3-4および5-6-7-8上でのみ考慮されます。
  2. 厚肉シェル要素(8節点、16節点)の場合、接触は上面または底面のサーフェス(1-2-3-4および5-6-7-8)でのみ発生します。
  3. 定義済みの節点の質量はゼロ以外にする必要があります。
  4. 以下の運動条件を、Lagrange乗数と共に使用することができます:
    • インターフェースTYPE16
    • インターフェースTYPE17
    • インターフェースTYPE2
    • インターフェースTYPE7
    • 境界条件
    • 剛体
    • 強制速度
    • 剛壁
    • 一般的なジョイント
    • 多点拘束