入力ファイルフォーマット

弾性体入力ファイルは、Radioss Starterの/FXBODYで指定した名前を持つフォーマット済みのファイルです。

このファイルには、正しい順序で入力する必要のある、いくつかのデータブロックが保存されます。“#”で始まる行は、コメント行とみなされ、無視されます。

データブロック1: 一般データ

#FORMAT: (7I8)
#  Nbmod   Nbstat   Nbnod   Irot   Idamp   Iblo   Ifile
     45       15      18      1       0      1       0
フィールド 詳細 SI単位の例
Nbmod 縮退モードの総数  
Nbstat 静的モードの数
注: 静的モードは、剛性と直交しないモードです。これらの数は、局所投影剛性マトリックスの全体部分の次元を示しています。いわゆる動的モードの数として(Nbmod -Nbstat)で得られる値で、局所投影剛性マトリックスの対角部分のサイズが決まります。
 
Nbnod 弾性体サポート内の節点の数  
Irot
0
弾性体には回転DOFを持つ要素がありません。
1
弾性体には回転DOFを持つ要素があります。
 
Idamp
0
弾性体上でレイリー減衰が使用されません。
1
弾性体上でレイリー減衰が使用されます。
 
Iblo
0
弾性体は固定から解放されており、その全体的な有限回転と有限並進が計算されます。
1
弾性体に剛体モードが設定されていません。
注: 弾性体は完全自由か完全固定となります。局所剛性マトリックス内の剛体モードの数は0または6にする必要があります。
 
Ifile
0
モードのすべての成分と、Radioss Starterによって計算されたモード応力場のすべての成分が中央メモリに保存されます。
1
弾性体のインターフェース節点(つまり、構造の残りの部分に結合された節点)に付加されたモードの成分のみが中央メモリに保存されます。モードのその他の成分と、出力にのみ使用する、 Starterによって計算されたモード応力場のすべての成分はディスクに保存されます。
 

データブロック2: 節点のリスト

#FORMAT: (10I8)
#  Nodes
     21      22      23      24      25      26      27      28      29      30
     31      32      33      34      35      36      37      38
詳細

リスト内の節点の数はデータブロック1で指定されたNbnodと一致する必要があります。リスト内の節点の順序は、データブロック5、6、および7で投影モードの各成分を指定した順序です。

データブロック3: 初期回転マトリックスと局所最大振動数

#FORMAT: (1P5E16.9)
#         Mrot11          Mrot12          Mrot13          Mrot21          Mrot22
1.000000000E+00 0.000000000E+00 0.000000000E+00 0.000000000E+00 1.000000000E+00
#         Mrot23          Mrot31          Mrot32          Mrot33            Freq
0.000000000E+00 0.000000000E+00 0.000000000E+00 1.000000000E+00 2.049574631E+04
フィールド 詳細 SI単位の例
Mrotij 弾性体の局所フレームから全体フレームへの初期回転マトリックスの成分P||
注: マトリックスPは、弾性体の初期方向を定義します。
 
Freq 局所縮退質量マトリックスと局所縮退剛性マトリックスで構成される局所縮退系の最大固有振動数
注: この振動数は、以下の式を通して弾性体の安定時間ステップを計算するために使用します: Δ t s t a b = 1 π F r e q MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaaeiLdiaads hadaWgaaWcbaGaam4CaiaadshacaWGHbGaamOyaaqabaGccqGH9aqp daWcaaqaaiaaigdaaeaacqaHapaCcqGHflY1caWGgbGaamOCaiaadw gacaWGXbaaaaaa@4578@
 

データブロック4: 減衰データ((オプション)Idamp = 1の場合にのみ存在)

#FORMAT: (1P2E16.9)

#         Alpha			    Beta

1.092357846E+01		4.652573369E-07
概要:
フィールド 詳細 SI単位の例
AlphaBeta レイリー減衰係数
注: 局所減衰マトリックスは、以下の式を通して局所縮退質量および剛性マトリックスから得られます: C L = A l p h a M L + B e t a K L MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4qamaaBa aaleaacaWGmbaabeaakiabg2da9iaadgeacaWGSbGaamiCaiaadIga caWGHbGaeyyXICTaamytamaaBaaaleaacaWGmbaabeaakiabgUcaRi aadkeacaWGLbGaamiDaiaadggacqGHflY1caWGlbWaaSbaaSqaaiaa dYeaaeqaaaaa@49F7@
 

データブロック5: 投影モード - 弾性体の全体的な剛体運動を表すモード((オプション)Iblo = 0の場合にのみ存在)

#FORMAT: (1P5E16.9)
#   1         X              Y                Z              XX              YY
#FORMAT: (1P1E16.9)
#            ZZ
0.000000000E+00-1.250000000E+01 0.000000000E+00 0.000000000E+00 0.000000000E+00
0.000000000E+00
0.000000000E+00 1.250000000E+01 0.000000000E+00 0.000000000E+00 0.000000000E+00
0.000000000E+00
...
詳細
12のモード Φ R i MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeuOPdy0aa0 baaSqaaiaadkfaaeaacaWGPbaaaaaa@3963@ i MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaWcbaGaamyAaaaa@36E5@ =1…12)が、6つの値からなるNbnodセット(弾性体のサポートの節点ごとに1つずつのセット)のブロック単位で入力されます。
フィールド 詳細 SI単位の例
XYZ 節点の並進DOFに関するモードの成分  
XXYYZZ 節点の回転DOFに関するモードの成分
0
節点に回転DOFが設定されていない場合
 

データブロック6: 投影モード - 回転自由度に関連付けられた慣性を考慮するモード((オプション)Iblo = 0およびIrot = 1の場合にのみ存在)

データブロック5と同じフォーマット

詳細

3つのモード Φ R 12 + i MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeuOPdy0aa0 baaSqaaiaadkfaaeaacaaIXaGaaGOmaiabgUcaRiaadMgaaaaaaa@3BBC@ i MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaWcbaGaamyAaaaa@36E5@ =1…3)が、6つの値からなるNbnodセットのブロック単位で入力されます。

データブロック7: 投影モード - 局所縮退モード

データブロック5と同じフォーマット

詳細

Nbmod のモード Φ L i MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeuOPdy0aa0 baaSqaaiaadYeaaeaacaWGPbaaaaaa@395D@ i MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaWcbaGaamyAaaaa@36E5@ =1…Nbmod)が、6つの値からなるNbnodセットのブロック単位で入力されます。Nbstat静的モードが最初に指定されます。

データブロック8: 局所縮退対角質量マトリックス

#FORMAT: (1P5E16.9)
5.596016869E+03   8.234274572E+03  2.320889319E+04  1.215104250E+03  1.729160225E+02
3.000458618E+05   3.074228932E+02  1.458647403E+04  1.425398877E+02  4.251072139E+05
詳細

Nbmod の値は、局所モードの指定順序に従って入力されます。

データブロック9: 局所縮退剛性マトリックス - 全体部分

データブロック8と同じフォーマット

詳細
入力するマトリックスの形状は: [MatsymMatrect]です。Matsymの次元はNbstatです。Matrectの次元はNbstat * (Nbmod -Nbstat)です。項の入力順序は次のとおりです(例えば、Nbmod = 6およびNbstat = 3):(1)
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 14 15 16 ]

これは、局所縮退剛性マトリックスのNbstat先頭行のスカイラインストレージに対応します。入力する項の数は、 1 2 N b s t a t ( 2 N b m o d N b s t a t + 1 ) MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaWaaSaaaeaaca aIXaaabaGaaGOmaaaacaWGobGaamOyaiaadohacaWG0bGaamyyaiaa dshadaqadaqaaiaaikdacaWGobGaamOyaiaad2gacaWGVbGaamizai abgkHiTiaad6eacaWGIbGaam4CaiaadshacaWGHbGaamiDaiabgUca RiaaigdaaiaawIcacaGLPaaaaaa@4BEA@ です。この場合も、マトリックスの列の番号付けは、局所モードの指定順序に従います。

データブロック10: 局所縮退剛性マトリックス - 対角部分

データブロック8と同じフォーマット

詳細

Nbmod - Nbstat)の値は、局所モードの指定順序に従って入力されます。

データブロック11: 剛体移動を定義するモードで投影された質量マトリックス((オプション)Iblo = 0の場合にのみ存在)

データブロック8と同じフォーマット

詳細

これは、スカイラインストレージを使用して入力された完全対称マトリックスです。列の番号付けは、剛体移動を定義するモードの指定順序に従います。マトリックスの次元は、12(Irot = 0の場合)または15(Irot = 1の場合)です。つまり、入力する値の数は、78(Irot = 0の場合)または120(Irot = 1の場合)です。

データブロック12: 連成質量投影用のマトリックス((オプション)Iblo = 0の場合にのみ存在)

データブロック8と同じフォーマット

詳細

一定の寄与 M C k 1 MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaaCytamaaBa aaleaacaWGdbGaam4Aaiaaigdaaeqaaaaa@396B@ ごとに1つずつ、合計9つのサブブロックが指定されます。これらは矩形マトリックスです。行数は12(Irot = 0の場合)または15(Irot = 1の場合)です。列数はNbmodです。マトリックスの項は行単位で入力されます。この数は12*Nbmod(Irot = 0の場合)または15*NbmodIrot = 1の場合)です。

データブロック13: 連成剛性投影用のマトリックス((オプション)Iblo = 0の場合にのみ存在)

データブロック8と同じフォーマット

詳細

一定の寄与 K C k 1 MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaaC4samaaBa aaleaacaWGdbGaam4Aaiaaigdaaeqaaaaa@3969@ ごとに1つずつ、合計9つのサブブロックが指定されます。これらは矩形マトリックスです。行数は12(Irot = 0の場合)または15(Irot = 1の場合)です。列数はNbmodです。マトリックスの項は行単位で入力されます。この数は12*NbmodIrot = 0の場合)または15*NbmodIrot = 1の場合)です。