/INISTA

ブロックフォーマットキーワード 初期状態ファイルを記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/INISTA
Isrtynnn
Ibal IoutyyFMT Ioutynnn              

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
Isrtynnn 初期状態ファイルの完全な名前

(左詰め表形式 - 文字、最大100文字)

 
Ibal 初期バランスフラグ
= 0
デフォルト、1に設定
= 1
節点の初期バランスを実行しない
= 2
節点の初期バランスを実行する
= 3
シェル局所フレームの初期バランス

(整数)

 
IoutyyFMT
= 2
フォーマット44
> 2(デフォルト)
フォーマット51

(整数)

 
Ioutynnn
= 2
Ynnn読み込みファイルフォーマットは、RunnameYnnn(旧フォーマット)
> 2(デフォルト)
Ynnn読み込みファイルフォーマットは、Runname_run#.sty(デフォルト)

(整数)

 

コメント

  1. シェルおよびソリッドの初期状態: 密度(ソリッドのみ)、内部エネルギー(ソリッドのみ)、塑性ひずみ(ソリッドのみ)、応力、ひずみ、厚み、アワグラスおよび荷重は、次の出力ファイルIsrty000に読み込まれます: RunnameYnnn/IOFLAGオプションでIrootyy = 2の場合)またはRunname_run#.sty/IOFLAGオプションでIrootyy ≠ 2の場合)。

    初期モデルの定義にも、ファイルIsrty000は必須です。初期状態は、3次元ソリッド(ソリッド)およびシェルでのみ使用できます。出力ファイルフォーマットについては、ASCII出力ファイル(STY-ファイル)をご参照ください。

  2. ユーザー材料則/INISTAを使用している場合、STY-ファイル内の/OUTP/SOLID/USERS/FULLオプションを使用してユーザー変数を初期化する必要があります。
  3. Ibal = 2の場合、モデル構造の新たな初期バランスが再計算されます。