/INISHE/SCALE_YLDまたは/INISH3/SCALE_YLD

ブロックフォーマットキーワード このオプションは、シェルの要素毎の降伏応力にスケールファクターを設定するために使用されます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/INISHE/SCALE_YLD/unit_IDまたは/INISH3/SCALE_YLD/unit_ID
shell_ID nb_integr npg              
積分点毎および求積点毎に次の行を繰り返します(nb_integr > 0、npg > 0)
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
Alpha_ij                

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
unit_ID 単位の識別子(オプション)

(整数、最大10桁)

 
shell_ID 要素識別子

(整数)

 
nb_integer この要素のプロパティ定義で定義されている板厚全体の積分点数。

(整数)

 
npg サーフェス求積点の数
= 1
デフォルト。Ishell =1、2、3、4、24またはIsh3n =1、2、31のシェル定式化に使用する必要があります。
= 3
DKT18のシェル定式化(Ish3n = 30)に使用する必要があります。
= 4
BATOZ定式化(Ishell =12)に使用する必要があります。
 
Alpha_ij 積分点の降伏応力スケールファクター

i はサーフェス内(npg

j は板厚方向(nb_integer

(実数)

 

この例では、下記を使用します:

/PROP/SHELL Ishell =12 => ngp=4を設定する必要あり(そこで、Alpha_iji=4)。

/PROP/SHELL N=3 => nb_integr=3を設定する必要あり(そこで、Alpha_ijj=3)。


図 1.
これで、降伏応力スケールファクターAlpha_ijは次のとおりで、全部でAlpha_ij値となります。


図 2.
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/PROP/SHELL/2
shell prop
#   Ishell    Ismstr     Ish3n    Idrill
        12         0         0         0
#                 hm                  hf                  hr                  dm                  dn
                   0                   0                   0                   0                   0
#        N   Istrain               Thick              Ashear              Ithick     Iplas
         3         0                   1                   0                   0         0
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|                              
/INISHE/SCALE_YLD
# shell_ID nb_integr       npg 
         1         3         4
#          scale_yld      
                1.20
                 .80 
                1.20
                1.20
                 .80 
                1.20 
                1.20
                 .80 
                1.20 
                1.20
                 .80 
                1.20 				
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----| 
#enddata

コメント

  1. nb_integrは、シェルプロパティで指定された積分点の数と一致する必要があります。
  2. npgは、シェルプロパティで使用される定式化に従って設定する必要があります。
  3. 与えられた値alpha_ijの数は n p g n b _ i n t e g r に等しくなければなりません。
    i = 1の場合
    • 積分点のAlpha_11 = 1
    • 積分点のAlpha_12= 2
    • ...
    • 積分点のAlpha_1j = j
    i = 2の場合
    • 積分点のAlpha_21 = 1
    • 積分点のAlpha_22= 2
    • ...
    • 積分点のAlpha_2j =j
    • ...
    右記の場合; i = npg
    • ...