/IMPLICIT

ブロックフォーマットキーワード このオプションを使用すると、陰解法計算に適したデフォルト値への変更が可能になります。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/IMPLICIT

変更される値

オプション Name 内容 New Value
/DEF_SHELL Iplas シェル平面応力塑性フラグ 1(3ニュートン反復計算を伴う反復投影)
Ishell シェル定式化フラグ 24
Idril 回転自由度剛性フラグ 1
/DEF_SOLID Isolid ソリッド定式化フラグ 14
/INTER/TYPE7 Irem_i2 セカンダリ節点の非アクティブ化フラグ 1

コメント

  1. 特定のオプションにおいていくつかのデフォルト値が異なります。/SPMDおよび/INTER/TYPE24をご参照ください。