/IMPDISP/FGEO

ブロックフォーマットキーワード N個の節点のセットの最終位置を記述します(座標で入力)。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/IMPDISP/FGEO/impdisp_ID/unit_ID
impdisp_title
fct_ID part_ID   sens_ID            
Ascale     Tstart Tstop    
node_ID1 X1 Y1 Z1      
同様            
node_IDN XN YN ZN      

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
impdisp_ID 強制変位ブロックの識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
impdisp_title 最終形状ブロックのタイトル

(文字、最大100文字)

 
fct_ID 時間関数の識別子

(整数)

 
part_ID スプリングパートの識別子 5

(整数)

 
sens_ID センサーの識別子

(整数)

 
Ascale fct_IDの横軸のスケールファクター

デフォルト = 1.0(実数)

[ s ]
Tstart 開始時間。

(実数)

[ s ]
Tstop 停止時間

デフォルト = 1030(実数)

[ s ]
node_IDi 節点識別子

(整数)

 
XN X座標値

(実数)

[ m ]
YN Y座標値

(実数)

[ m ]
ZN Z座標値

(実数)

[ m ]

コメント

  1. node_IDNには、/NODEで指定された初期位置から最終位置(XNYNZN)への変位が強制されます。
  2. fct_ID はこの強制された変位のスケールファクターであり、0~1の間で変動する必要があります。
  3. 横軸スケールファクターのAscaleが、次のように、時間の関数の変換に使用されます:(1)
    F ( t ' ) = f T ( t A s c a l e ) MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaaeaaaaaaaaa8 qaciGGgbWaaeWaa8aabaWdbiaadshapaWaaWbaaSqabeaapeGaai4j aaaaaOGaayjkaiaawMcaaiabg2da9iGacAgadaWgaaWcbaGaamivaa qabaGcdaqadaWdaeaapeWaaSaaa8aabaWdbiaadshaa8aabaWdbiaa dgeacaWGZbGaam4yaiaadggacaWGSbGaamyzaaaaaiaawIcacaGLPa aaaaa@45DC@

    ここで、 f T MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbwvMCKf MBHbqefqvATv2CG4uz3bIuV1wyUbqedmvETj2BSbqefm0B1jxALjhi ov2DaebbnrfifHhDYfgasaacH8akY=xipgYlh9vqqj=hEeei0xXdbb a9frFf0=yqFf0dbba91qpepeI8k8fiI+fsY=rqaqpepae9pg0Firpe pesP0xe9Fve9Fve9qapdbaGaaiGadiWaamaaceGaaqaacaqbaaGcba GaciOzamaaBaaaleaacaWGubaabeaaaaa@3BC7@ fct_IDTの関数です。

  4. Tstopを過ぎると、これらの節点は自由に移動します。
  5. 初期節点位置N1と最終節点位置N2は、剛性が0のスプリングN1N2として定義できます。スプリングpart_IDはオプションで、入力の単純化に使用できます。これは、プリプロセッサが初期位置と最終位置間のスプリングを容易に生成できるためです。