/FAIL/WIERZBICKI

ブロックフォーマットキーワード BAO-XUE-Wierzbicki破壊モデルを記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/FAIL/WIERZBICKI/mat_ID/unit_ID
C1 C2 C3 C4 m
n Ifail_sh Ifail_so Imoy          
オプションの行
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
fail_ID                  

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
mat_ID 材料識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子.

(整数、最大10桁)

 
C1 第1パラメータ

(実数)

 
C2 第2パラメータ

(実数)

 
C3 第3パラメータ

(実数)

 
C4 第4パラメータ

(実数)

 
m 第5パラメータ

(実数)

 
n 硬化指数

(実数)

 
Ifail_sh シェル破壊モデルフラグ。
= 1
シェルが削除されるのは、 D = Δ ε p ε ¯ f 1 に1つの積分点または層で該当する場合です。
= 2
各積分点において、応力テンソルがゼロに設定されるのは、 D = Δ ε p ε ¯ f 1 に該当する場合です。シェルが削除されるのは、 D = Δ ε p ε ¯ f 1 にすべての積分点または層で該当する場合です。

(整数)

 
Ifail_so 3次元ソリッド破壊モデルフラグ。
= 1
ソリッド要素が削除されるのは、 D = Δ ε p ε ¯ f 1 に、1つの積分点で該当する場合です。
= 2
積分点ごとに、 D = Δ ε p ε ¯ f 1 の場合は偏差応力テンソルが消失します。

(整数)

 
Imoy 破壊3次元モデル(3次元ソリッド)フラグ。
=0
{ η ¯ = σ m σ V M ξ ¯ = 27 J 3 2 σ V M 3
=1
{ η ¯ = 0 ε p σ m σ V M d ε p ε p ξ ¯ = 0 ε p 27 J 3 2 σ V M 3 d ε p ε p

(整数)

 
fail_ID 破壊基準識別子2

(整数、最大10桁)

 

例(金属)

#RADIOSS STARTER
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/UNIT/1
unit for mat
#              MUNIT               LUNIT               TUNIT
                  Mg                  mm                   s
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#-  1. MATERIALS:
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
/MAT/PLAS_JOHNS/1/1
Metal
#              RHO_I
              2.8E-9                   0
#                  E                  Nu
               60000                  .3
#                  a                   b                   n           EPS_p_max            SIG_max0
                 370                 190                  .4                   0                   0
#                  c           EPS_DOT_0       ICC   Fsmooth               F_cut               Chard
                   0                   0         0         0                   0                   0
#                  m              T_melt              rhoC_p                 T_r
                   0                   0                   0                   0
/FAIL/WIERZBICKI/1/1
#                 C1                  C2                  C3                  C4                   m
                0.87                1.77                0.21                0.56                   2
#                  n  Ifail_sh  Ifail_so      Imoy
                 0.2         0         1         0
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|
#enddata
#---1----|----2----|----3----|----4----|----5----|----6----|----7----|----8----|----9----|---10----|

コメント

  1. 破壊フラグで使用される ε ¯ f の場合は、次のように定義されます:
    (1)
    ε ¯ f = { ε ¯ max n [ ε ¯ max n ε ¯ min n ] ( 1 ξ ¯ m ) 1 m } 1 n

    fail_wierzbicki
    図 1.

    ここで、

    ε ¯ max = C 1 e C 2 η ¯

    ε ¯ min = C 3 e C 4 η ¯

    3次元ソリッドの場合:
    • Imoy = 0であれば、
    • η ¯ = σ m σ V M ξ ¯ = 27 J 3 2 σ V M 3
    • Imoy = 1であれば、
    • η ¯ = 0 ε p σ m σ V M d ε p ε p ξ ¯ = 0 ε p 27 J 3 2 σ V M 3 d ε p ε p
    シェルの場合:
    • η ¯ = σ m σ V M ξ ¯ = 27 2 η ¯ ( η ¯ 2 1 3 )
    ここで、
    σ m
    静水圧応力
    σ V M
    フォンミーゼス応力
    J 3
    偏差応力の第3不変量
  2. fail_IDは、/STATE/BRICK/FAILおよび/INIBRI/FAILで使用されます。デフォルト値はありません。この行が空白の場合、/INIBRI/FAIL内の破壊モデル変数のために出力される値はありません(/STATE/BRICK/FAILオプションで.staファイルに書き込まれます)。