/FAIL/USERi

ブロックフォーマットキーワード ユーザー破壊モデルを記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/FAIL/USERi/mat_ID

オプションの行

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
fail_ID                  

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
i ユーザー破壊モデルの番号。

(整数=1、2または3)

 
mat_ID 材料識別子の参照。

(整数=1、2または3)

 
fail_ID 破壊基準識別子3

(整数、最大10桁)

 

コメント

  1. USER1、USER2、USER3は、ユーザーが作成できる破壊のユーザーモデルです。
  2. ユーザー破壊則は、シェル要素とソリッド要素およびすべての材料則と適合します。
  3. fail_IDは、/STATE/BRICK/FAILおよび/INIBRI/FAILで使用されます。デフォルト値はありません。この行が空白の場合、/INIBRI/FAIL内の破壊モデル変数のために出力される値はありません(/STATE/BRICK/FAILオプションで.staファイルに書き込まれます)。
  4. ユーザー破壊モデルのプログラム作成については、User Subroutine Manualユーザー破壊モデルおよびAppendixをご参照ください。