/FAIL/SPALLING

ブロックフォーマットキーワード スポーリングおよびJohnson-Cook破壊モデルを記述します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/FAIL/SPALLING/mat_ID/unit_ID
D1 D2 D3 D4 D5
ε ˙ 0 Pmin Ifail_so        
オプションの行
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
fail_ID                  

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
mat_ID 材料識別子

(整数、最大10桁)

 
unit_ID 単位識別子

(整数、最大10桁)

 
D1 第1パラメータ

(実数)

 
D2 第2パラメータ

(実数)

 
D3 第3パラメータ

(実数)

 
D4 第4パラメータ

(実数)

 
D5 第5パラメータ

(実数)

 
ε ˙ 0 参照ひずみ速度

(実数)

[ 1 s ]
Pmin 圧力のカットオフ

(実数 < 0)

[ Pa ]
Ifail_so 破壊モデルフラグ
= 1
各積分点でスポーリングが許容されます。スポーリングが検知されると (P = Pmin)、その偏差応力が0にセットされ、圧縮には圧力が必要になります。
= 2
各積分点でスポーリングが許容され、ソリッド要素が削除されるのは、 D = Δ ε p ε f 1 に、1つの積分点または層で該当する場合です。
= 3
各積分点において、次に該当する場合はスポーリングが許容され、偏差要素応力テンソルが消失します; D = Δ ε p ε f 1
= 4
ソリッド要素が削除されるのは、 D = Δ ε p ε f 1 またはP =Pminに1つの積分点で該当する場合です。

(整数)

 
fail_ID 破壊基準識別子 3

(整数、最大10桁)

 

コメント

  1. この破壊モデルはソリッド専用です。
  2. このモデルでは、2つのモデルが結合されます。1つはJohnson-Cook破壊モデルで、もう1つはスポーリングモデルです(スポーリングは(P = Pmin)の場合、つまり偏差応力がゼロに設定され、圧力が圧縮力を持つことが要求される場合に検出されます)。(1)
    ε f = [ D 1 + D 2 exp ( D 3 σ * ) ] [ 1 + D 4 ln ( ε ˙ * ) ] [ 1 + D 5 T * ]
    ここで、
    σ * = σ m σ V M
    ε ˙ * = ε ˙ ε ˙ 0
    T*
    は、/MAT/LAW4 (HYD_JCOOK)等の熱塑性に該当する場合は、材料則で計算されます。
  3. fail_IDは、/STATE/BRICK/FAILおよび/INIBRI/FAILで使用されます。デフォルト値はありません。この行が空白の場合、/INIBRI/FAIL内の破壊モデル変数のために出力される値はありません(/STATE/BRICK/FAILオプションで.staファイルに書き込まれます)。