*DEFINE_BOX

LS-DYNA入力インターフェースキーワード全体または局所座標系で長方形のボックスを定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
*DEFINE_BOX_{OPTION}
Box_ID XP1 YP1 ZP1 XP2 YP2 ZP2  
OPTION=LOCALの場合、次の行を挿入。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
X1 Y1 Z1 X2 Y2 Z2    
Ox Oy Oz          

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
VID ベクトル識別子  
XP1 最初のポイントのX座標(最小)

(実数)

[ m ]
YP1 最初のポイントのY座標(最小)

(実数)

[ m ]
ZP1 最初のポイントのZ座標(最小)

(実数)

[ m ]
XP2 2番目のポイントのX座標(最大)

(実数)

[ m ]
YP2 2番目のポイントのY座標(最大)

(実数)

[ m ]
ZP2 2番目のポイントのZ座標(最大)

(実数)

[ m ]
X1 局所軸のX座標

(実数)

 
Y1 局所軸のY座標

(実数)

 
Z1 局所軸のZ座標

(実数)

 
X2 局所YベクトルのX座標

(実数)

 
Y2 局所YベクトルのX座標

(実数)

 
Z2 局所YベクトルのX座標

(実数)

 
Ox スキュー原点のX座標

(実数)

[ m ]
Oy スキュー原点のY座標

(実数)

[ m ]
Oz スキュー原点のZ座標

(実数)

[ m ]

コメント

  1. OPTIONが定義されている場合、XP1YP1ZP1XP2YP2、およびZP2は局所座標系で表現されます。
  2. このキーワードは、LOCALオプションが定義されている場合、/BOX/RECTAおよび/SKEW/FIXにマップされます。