/DEFAULT/INTER/TYPE25

ブロックフォーマットキーワード /INTER/TYPE25のデフォルト値定義

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/DEFAULT/INTER/TYPE25
空白
    Istf   Igap Irem_i2   Idel Iedge  
空白
    Igap0 Ishape    
必要なフィールド
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
空白
      Inacti      
空白

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
Istf インターフェース剛性定義フラグ
=0
1000に設定
2
インターフェース剛性は、メインおよびセカンダリ剛性の平均です。
3
インターフェース剛性は、メインおよびセカンダリ剛性の平均です。
4
インターフェース剛性は、メインおよびセカンダリ剛性の最小値です。
5
インターフェース剛性は、直列のメインおよびセカンダリ剛性です。
= 1000(デフォルト)
インターフェース剛性はメイン側の剛性のみに基づきます。

(整数)

 
Igap ギャップ/要素オプションフラグ
=0
1に設定されます。
= 1(デフォルト)
可変ギャップは被衝撃メインサーフェスおよび衝撃セカンダリ節点の特性に応じて変化します。
=2
可変ギャップ + /INTER/TYPE7で自己接触がIrem_gap=2と同様である場合、要素サイズがギャップ値より小さいと、セカンダリ節点を非アクティブ化
=3
可変ギャップ+初期貫通回避のために考慮されるメッシュサイズ

(整数)

 
Ishape 自由エッジに沿ったギャップの形状を定義するフラグ
= 0
1に設定
= 1(デフォルト)
正方形ギャップ
= 2
円形ギャップ
 
Irem_i2 インターフェースTYPE2で同じ接触ペア(節点)が定義されている場合に、セカンダリ節点を非アクティブにするためのフラグ。
=0
1に設定します。
= 1(デフォルト)
/INTER/TYPE2タイド接触内のセカンダリ節点は、この接触から削除されます。
=3
セカンダリ節点に変更なし。
 
Idel
=0
1000に設定します。
= 1
1つのセグメントに関連付けられたすべての要素4節点シェル、3節点シェル、ソリッド)が削除されると、メイン側の面からそのセグメントを削除します。このセグメントはEngineファイルでRadioss Engineキーワード/DELを使用した明示的な削除の場合にも、削除されます。
さらに、結合されていない節点をインターフェースのセカンダリ側から削除します。
= 2
4節点シェル、3節点シェル、またはソリッド要素が削除されると、メイン側の面から、対応するセグメントを削除します。このセグメントはEngineファイルでRadioss Engineキーワード/DELを使用した明示的な削除の場合にも、削除されます。
さらに、結合されていない節点をインターフェースのセカンダリ側から削除します。
= 1000(デフォルト)
削除しません。
 
Iedge エッジ接触オプション接触は、surf_ID1surf_ID2から自動的に抽出されたメインエッジとセカンダリエッジの間で発生します。外部ソリッドフェイスの鋭角エッジは、角度 Edge_angleを使用して定義されます。
= 0
/DEFAULT/INTER/TYPE25で定義した値に設定されます。
= 1
セカンダリエッジとメインエッジは、シェルセグメントの外側の境界エッジです。ソリッド要素のエッジ接触はありません。
= 11
セカンダリエッジとは、外側のソリッドセグメントの鋭角なエッジや、シェルセグメントの外部境界のエッジのことです。メインエッジは、外側のソリッドセグメントとシェルセグメントの外部境界エッジからのすべてのエッジです。
= 13
セカンダリエッジとは、外側のソリッドセグメントの鋭角なエッジや、シェルセグメントの外部境界のエッジのことです。メインエッジは、外側のソリッドセグメントとすべてのシェルセグメントからのすべてのエッジです。
= 22
セカンダリエッジとメインエッジは、外側のソリッドセグメントのすべてのエッジとシェルセグメントのすべてのエッジです。
= 1000(デフォルト)
エッジとエッジの接触なし。

(整数)

 
Igap0 フリーエッジ上のセカンダリシェル節点のギャップ修正フラグ。
=0
1000に設定します。
= 1
セカンダリシェル節点のギャップを0に設定します。
= 1000(デフォルト)
変更なし。

(整数)

 
Inacti 初期貫通フラグ
=0
1000に設定します。
= -1
すべての初期貫通が考慮されます。
= 5
メインセグメントは初期貫通値 P 0 でシフトされます。
P P 0 の場合は、 P ' = P P 0 になります。ここで、 P 0 は初期貫通です。
= 1000(デフォルト)
ごく小さい初期貫通(1.0e-08)のみが考慮されます。

(整数)