*CONTACT_AUTOMATIC_SINGLE_SURFACE

LS-DYNA入力インターフェースキーワード要素間の単一接触インターフェースを定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
*CONTACT_AUTOMATIC_SINGLE_SURFACE_{OPTION3}
OPTION3=IDの場合、次の行を挿入。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
inter_ID Title
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
SSID   SSTYP          
FS FD DC       Tstart Tstop
SFS   SST   SFTS   FSF  

定義

フィールド 内容 SI単位の例
OPTION3 ID

接触識別子とタイトルを含める

 
inter_ID 接触インターフェース識別子

(整数)

 
Title 接触インターフェースタイトル

(文字、最大70文字)

 
SSID パート識別子のセット

(整数)

 
SSTYP 入力セットタイプ
= 0
セグメントセットID
= 1
シェル要素セットID
= 2
パートセットID
= 3
パートID
= 5
すべてのパート(SIDは無視される)
= 6
パートセットID。パートセットIDで定義されているものを除き、すべてのパートが接触に含まれます
= 7
サブセットID

(整数)

 
FS 静的摩擦係数

(実数)

 
FD 動摩擦係数

(実数)

 
DC 指数減衰係数 [ s m ] MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaWaamWaaeaada WcaaqaaiaadohaaeaacaWGTbaaaaGaay5waiaaw2faaaaa@39E3@
Tstart 開始時間

(実数)

[ s ]
Tstop 停止時間

デフォルト = 1E+30(実数)

[ s ]
SST 剛性スケールファクター

(実数)

 
SFS 最大ギャップ値

(実数)

[ m ]
SFTS 接触ギャップスケール

(実数)

 
FSF クーロン摩擦係数スケールファクター  

コメント

  1. このキーワードは/INTER/TYPE25にマップされます。