*CONTACT_AUTOMATIC_NODES_TO_SURFACE

LS-DYNA入力インターフェースキーワード節点対サーフェスの接触インターフェースを定義します。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
*CONTACT_AUTOMATIC_NODES_TO_SURFACE _{OPTION3}
Option3=IDの場合、次の行を挿入。
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
inter_ID Title
(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)
SSID MSID SSTYP MSTYP        
FS FD DC       Tstart Tstop
SFS SFM SST MST SFTS SFMT FSF  

定義

フィールド 内容 SI単位の例
OPTION3 ID

接触識別子とタイトルを含める

 
inter_ID 接触インターフェース識別子

(整数)

 
Title 接触インターフェースタイトル

(文字、最大70文字)

 
SSID セカンダリセットまたはパート識別子

(整数)

 
MSID メインセットまたはパート識別子

(整数)

 
SSTYP 入力セカンダリセットタイプ
= 0
セグメントセットID
= 1
シェル要素セットID
= 2
パートセットID
= 3
パートID
= 4
節点セットID
= 5
すべてのパート(SIDは無視される)
= 6
パートセットID。パートセットIDで定義されているものを除き、すべてのパートが接触に含まれます
= 7
サブセットID

(整数)

 
MSTYP 入力メインセットタイプ
= 0
セグメントセットID
= 1
シェル要素セットID
= 2
パートセットID
= 3
パートID
= 5
すべてのパート (SIDは無視される)
= 6
パートセットID。パートセットIDで定義されているものを除き、すべてのパートが接触に含まれます
= 7
サブセットID

(整数)

 
FS 静的摩擦係数

(実数)

 
FD 動摩擦係数

(実数)

 
DC 指数減衰係数 [ s m ] MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaWaamWaaeaada WcaaqaaiaadohaaeaacaWGTbaaaaGaay5waiaaw2faaaaa@39E3@
Tstart 開始時間

(実数)

[ s ]
Tstop 停止時間

デフォルト = 1E+30(実数)

[ s ]
SFS セカンダリ剛性スケールファクタ

(実数)

 
SFM メイン剛性スケールファクタ

(実数)

 
SST セカンダリ最大ギャップ値

(実数)

[ m ]
MST メイン最大ギャップ値

(実数)

[ m ]
SFTS セカンダリ接触ギャップスケール

(実数)

 
SFMT メイン接触ギャップスケール

(実数)

 
FSF クーロン摩擦係数スケールファクター  

コメント

  1. このキーワードは/INTER/TYPE25にマップされます。