/BEAM

ブロックフォーマットキーワード ビーム要素を記述します。このビーム要素には2つのプロパティ(/PROP/TYPE3 (BEAM)/PROP/TYPE18 (INT_BEAM))が利用可能です。ビーム要素を記述するプロパティはすべて局所ビーム座標系で定義されます。

フォーマット

(1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
/BEAM/part_ID
beam_ID node_ID1 node_ID2 node_ID3            

定義

フィールド 内容 SI単位の例
part_ID ブロックのパート識別子

(整数、最大10桁)

 
beam_ID 要素識別子

(整数)

 
node_ID1 節点識別子1

(整数)

 
node_ID2 節点識別子2

(整数)

 
node_ID3 節点識別子3

(整数)

 

コメント

  1. 識別子(ID)は、それぞれの要素ファミリー内で一意である必要がありますが、グローバルモデル内で各要素タイプ別に固有の要素識別子を持つことが推奨されます。
  2. パートの定義には複数のビームブロックを使用できます。
  3. 1つのブロック内に、任意の数のトラスを定義できます。
  4. ビームの局所座標系:

    節点1および2は、局所X軸を定義します。

    節点1、2、および3は、時間t = 0における局所軸 (X、Y) 面を定義します。

    第3の節点は局所フレームの初期位置を定義するためにのみ使用されます。

    Z軸は(X、Y)面に直交します。


    starter_beam_x-axis
    図 1.