/ATFILE

Engineキーワード 追加時刻歴ファイルであるT-ファイル“RunnameTnnx”の書き出し時間間隔を定義します。

フォーマット

/ATFILE/Type

Δ T h i s MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaaeiLdiaads fadaWgaaWcbaGaamiAaiaadMgacaWGZbaabeaaaaa@3AE8@

定義

データ 内容 SI単位の例
Type 出力フォーマット。
値なし
Radiossの最新バージョンのフォーマットで作成されます。
= 1
バイナリ(ほとんどのRadioss用ポストプロセッサーで読み取り不可)
= 2
暗号化されたASCII 32ビット
= 3
ASCII
= 4(デフォルト)
バイナリIEEE 32ビット
 
Δ T h i s MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaaeiLdiaads fadaWgaaWcbaGaamiAaiaadMgacaWGZbaabeaaaaa@3AE8@ 時刻歴プロットファイルであるT-ファイルにデータを書き出す時間間隔  

コメント

  1. このオプションは RunnameTnnx(Tnna、Tnnb、Tnnc …)という名の追加の時刻歴ファイルを書き出す間隔定義に用いられます。このファイルの内容は、オプション/xTH(ここに、x= AからI)を使用して定義します。これらのオプションでは、接頭辞(/ATH/BTH、...)が付加されますが、それ以外は時刻歴応答と同じキーワードフォーマットと変数が使用されます。追加時刻歴ファイルの出力時間間隔は/xTHFILE(ここに、x = AからI)を使用して定義します。
  2. デフォルト(値の指定なし)またはHyperGraphで読み取ることができる4の使用を推奨します。
  3. T-ファイル名の詳細については、ファイル拡張子とフォーマットをご参照ください。