/ANIM/SHELL/TENS

Engineキーワード 指定した結果のシェルテンソルデータを含むアニメーションファイルを生成します。

フォーマット

/ANIM/SHELL/TENS/Restype/Keyword5/Keyword6

定義

フィールド 内容 SI単位の例
Restype 出力テンソル:
STRESS
応力テンソル。 2 3
STRAIN
ひずみテンソル。 4 5
EPSDOT
ひずみ速度テンソル。 3
 
Keyword5 結果タイプまたは場所:
MEMB
膜。 5
BEND
曲げ
N
複合材プロパティについての積分点番号または層番号。
UPPER
複合材プロパティについての上側の積分点または層。
LOWER
複合材プロパティについての下側の積分点または層。
ALL
複合材プロパティについてのすべての積分点または層。
 
Keyword6 積分点位置。
複合材プロパティ/PROP/TYPE51または/PCOMPPにのみ使用されます。 8 9
NIP
Nを通る積分点の数。
UPPER
上層Nの上側の積分点(NIP)。
LOWER
下層Nの下側の積分点(NIP)。
ALL
Nを通るすべての積分点の数(NIP)。
 

コメント

  1. 応力およびひずみテンソルは、要素座標系で出力されます。
  2. Keyword5=N, UPPERまたはLOWERのSTRESS出力は、シェルプロパティでN>0が定義されていなくてはなりません。グローバル積分 (シェルプロパティでN=0)が用いられている場合、RadiossUPPER/LOWERが要求されている時でも中央面での応力を出力します。
  3. UPPER/LOWERでの応力は最も上側 / 下側の積分点での値で、ひずみのように曲率に基づいた補間された値ではありません。
  4. ひずみテンソルは、材料則< /MAT/LAW25 (COMPSH)/MAT/LAW15 (CHANG)および/MAT/LAW19 (FABRI)を除く)についてシェルプロパティでIstrain =1の場合にのみ出力されます。それ以外のすべての材料則の場合は、Istrainの値は関係ありません。
  5. STRAIN出力は、外表面に外挿されます。Keyword5=UPPERは式 ε + ( t 2 ) k MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqyTduMaey 4kaSYaaeWaaeaadaWcaaqaaiaadshaaeaacaaIYaaaaaGaayjkaiaa wMcaaiaadUgaaaa@3CBD@ を使用し、Keyword5=LOWERは式 ε ( t 2 ) k MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqyTduMaey OeI0YaaeWaaeaadaWcaaqaaiaadshaaeaacaaIYaaaaaGaayjkaiaa wMcaaiaadUgaaaa@3CC8@ を使用します。
    ここで、
    ε MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqyTdugaaa@379E@
    一番外側の積分点におけるひずみ
    t MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaamiDaaaa@36EF@
    板厚
    k MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4Aaaaa@36E6@
    曲率

    EPSDOTでは、この式でひずみと曲率をひずみ速度と曲率速度に置き換えます。

  6. オプション/ANIM/SHELL/TENS/STRESS/MEMBおよび/ANIM/SHELL/TENS/STRESS/BENDは、要素あたりの一般化した応力です(厚み全体での平均値)。
  7. 完全積分要素の場合は、シェルサーフェスの4つのGauss点の平均値が計算されます。シェル応力は、要素の中心で考えることができます。
  8. /PROP/TYPE51または/PCOMPP複合材プロパティについては、Keyword5は定義されません。

    Keyword4=ALLの場合、結果はすべての層の出力となり、層毎の値は層内の板厚方向の積分点の平均値となります。

    Keyword4=LOWERの場合、結果は1つ目の層の1つ目の積分点の結果です。

    Keyword4=LOWERの場合、結果は最後の層の最後の積分点の結果です。

  9. Keyword5 制限事項:

    /PROP/TYPE51および/PCOMPP複合材プロパティとのみ使用でき、かつ、Keyword4=N、層番号の場合のみ可能です。ただし、すべての層とすべての積分点を出力するために、Keyword4=ALLKeyword5=ALLと組み合わせることができます。Keyword5=ALLの場合、各層に10個未満の積分点しか定義されていなくても10個の積分点についての結果が出力され、したがってその場合、一部の結果はゼロとなります。