/ANIM/BRICK/Restype

Engineキーワード 指定した結果の3次元ソリッドデータを含むアニメーションファイルを生成します。BRICK要素タイプに使用されるオプション。

フォーマット

/ANIM/Eltyp/Restype

定義

フィールド 内容 SI 単位の例
Eltyp 要素タイプ。
ELEM
BRICK
ソリッド要素
 
Restype
AMS
/DT/CST_AMSによりAMS時間ステップを使用する要素:
COLOR
1*vfrac1 + 2*vfrac2 + ....+ last*vfracN (LAW51 and LAW151 only).
DENS
密度
DT
要素時間ステップ 10
ENER
比エネルギー(内部エネルギーを要素の質量で割った値)
EINT
内部エネルギー。
EPSP
塑性ひずみ ε p
EPSD
3次元要素および2次元要素での相当ひずみ速度(ひずみ速度フィルタリングの場合のみ使用可)
HOURG
アワグラスエネルギー
P
圧力
VONM
フォンミーゼス応力
SIGEQ
対応する材料に使用される降伏基準に基づく相当応力 3
SIGX
応力XX 5
SIGY
応力YY
SIGZ
応力ZZ
SIGXY
せん断応力XY
SIGYZ
せん断応力YZ
SIGZX
せん断応力ZX
TEMP
温度
THIC
板厚
ORTHDIR/I
オイラー角( ψ , θ , and ϕ 、層I内、単位 [ deg ]
ORTHDIR/ALL
オイラー角( ψ , θ , and ϕ 、全層内、単位 [ deg ]
全体座標系による直交異方性参照座標系の定義 - 直交異方性ソリッドプロパティ専用 2
FLAY
ソリッドの破断した層の数
DAM1 DAM2またはDAM3
方向1、2または3の損傷 9
USRi
ユーザー材料則の変数( i MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaamyAaaaa@36E4@ =1~18)
USRII
各積分点におけるユーザー材料則の変数(II = 1~99の変数番号) 6
ヒント: 出力され得るユーザー変数の数は限られているため、代わりに/H3D/SOLID/USER/を使用します。
FILL
充填パーセンテージ。このオプションは/INIBRI/FILLEltyp =BRICK のみで使用されます。
K
ALE材料則の乱流エネルギー
TVIS
ALE材料則の乱流密度
VORTX
ALE材料則のQUAD (2D)およびSOLID (3D)のX周りの速度
VORTY
ALE材料則のSOLIDのY周りの速度
VORTZ
ALE材料則のSOLIDのZ周りの速度
VORT
ALE材料則のSOLIDの速度
QVIS
人工粘性圧力を表示
VFRAC
体積比率(ALE材料則: LAW20、LAW37、LAW51)
BFRAC
燃焼率(JWL EOS: LAW5およびLAW51)
SSP
音速。ALE材料則でのみ有効。
SCHLIEREN
シュリーレン像(CFD分野で広く使用されている光学的手法)。ALE材料則でのみ有効。 7
VOLU
各相の体積。
LAW51
すべての副材料または特定の副材料についての結果を表示 8
TDET
高性能爆発JWL EOSの爆発時間
VEL
すべての成分と大きさについての/INTER/TYPE22でのFVMのセル速度。
それぞれを別々にリクエストするには、右記を使用: VELX、VELY、VELZ、VELXY、VELYZ、VELXZ、|VEL|
FIN
すべての成分と大きさについての/INTER/TYPE22でのFVMのセル内力。
それぞれを別々にリクエストするには、右記を使用: FINX、FINY、FINZ、FINXY、FINYZ、FINXZ、|FIN|
MOM
すべての成分と大きさについての/INTER/TYPE22でのFVMのセル運動量密度。
それぞれを別々にリクエストするには、右記を使用: MOMX、MOMY、MOMZ、MOMXY、MOMYZ、MOMXZ、|MOM|
MACH
Mach数(/MAT/LAW151 (MULTIFLUID)のみ)
OFF
要素ステータス。
ここで、
= -1
要素は非アクティブ(アクティブ化された剛体内で定義されます)。
= 0
削除された要素。
01
破壊プロセス下。
= 1
アクティブな要素
 
 
WPLA
/MAT/LAW12 (3D_COMP)および/MAT/LAW25 (COMPSH)についての塑性仕事。
 

コメント

  1. 3次元ソリッド要素の場合、共回転定式化の使用時は、応力は/PROP/TYPE14(SOLID)要素の要素(共回転)座標系および/PROP/TYPE6 (SOL_ORTH)要素の直交異方性材料座標系で出力されます。その他のすべての場合では、応力は全体座標系で出力されます。
  2. /ANIM/BRICK/ORTHDIRをプロパティ6、21、22とともに使用すると、角度の3つの実数値 ψ , θ , and ϕ が単位[deg]で出力されます。全体参照座標系から直交異方性参照座標系へ移行するために、回転マトリックス R を定義します:
    • 回転マトリックス
    • X軸の周りの ψ の回転のラジアンは、次のように定義されます:(1)
      R x ( ψ ) = [ 1 0 0 0 cos ψ sin ψ 0 sin ψ cos ψ ]
    • 同様に、Y軸の周りの θ の回転のラジアンは、次のように定義されます:(2)
      R y ( θ ) = [ cos θ 0 sin θ 0 1 0 sin θ 0 cos θ ]
    • さらに、Z軸の周りの ϕ の回転のラジアンは、次のように定義されます:(3)
      R z ( ϕ ) = [ cos ϕ sin ϕ 0 sin ϕ cos ϕ 0 0 0 1 ]
    • 角度 ψ , θ , and ϕ は、オイラー角です:(4)
      R = R z ( ϕ ) R y ( θ ) R x ( ψ )
      (5)
      R = [ cos θ cos ϕ sin ψ sin θ cos ϕ cos ψ sin ϕ cos ψ sin θ cos ϕ + sin ψ sin ϕ cos θ sin ϕ sin ψ sin θ sin ϕ + cos ψ cos ϕ cos ψ sin θ sin ϕ sin ψ cos ϕ sin θ sin ψ cos θ cos ψ cos θ ]
  3. オプションSIGEQは、Eltyp = SHELLまたはBRICKの場合のみ使用できます(/ANIM/SHELL/SIGEQ)。Radiossの各材料則には、相当応力を計算するための独自の降伏基準があります。この基準は、一部の材料則ではフォンミーゼス、他の材料則ではHill、Barlatなどとなっています。非von Mises基準の場合、対応する相当応力(または基準)は、その要素のすべての積分点内で計算されます。したがって、出力フィールド/ANIM/BRICK/SIGEQは、すべての積分点の平均値として計算されます。
  4. 3次元ソリッド要素の場合、共回転定式化の使用時は、応力は/PROP/SOLID要素の要素(共回転)座標系および/PROP/SOL_ORTH要素の直交異方性材料座標系で出力されます。その他のすべての場合では、応力は全体座標系で出力されます。
  5. オプション/ANIM/ELEM/SIGXはシェル要素にのみ適用されます。3次元ソリッド要素には、/ANIM/BRICK/TENSを使用する必要があります。
  6. ユーザー変数は、シェル要素と3次元ソリッド要素でのみ使用できます。積分点を明示的に記述していない場合、返される積分点は[(厚みの中にある積分点の数 + 1) / 2]で計算されますが、これはその積分点が上側にあることを意味します。この結果は上位の値に丸められます。
    • 例:

      板厚方向に2積分点に対しては、底から2番目の積分点(板厚の上) が返されます。

      板厚方向に3積分点に対しては、底から2番目の積分点(中央の点) が返されます。

      板厚方向に4積分点に対しては、底から3番目の積分点が返されます。

  7. シュリーレンのコンター値は ξ = e c ρ MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqOVdGNaey ypa0JaamyzamaaCaaaleqabaGaeyOeI0Iaam4yaiabgEGirlabeg8a Ybaaaaa@3EF2@ を使用して計算されます。Radiossは、c=1を使用して ξ を出力します。この一定値 c MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaam4yaaaa@36DE@ は、HyperViewのDerived Result作成 ξ c u s e r MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aqatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqOVdG3aaW baaSqabeaacaWGJbWaaSbaaWqaaiaadwhacaWGZbGaamyzaiaadkha aeqaaaaaaaa@3CCF@ を使用して更新できます。
  8. LAW51を使用したソリッド要素については、下記を用いて指定の副材料番号の結果を表示することが可能です:
    • /ANIM/ELEM/LAW51/ALL: すべての副材料についての結果、または
      • /ANIM/ELEM/LAW51/1: 副材料1についての結果
      • /ANIM/ELEM/LAW51/2: 副材料2についての結果
      • /ANIM/ELEM/LAW51/3: 副材料3についての結果
      • /ANIM/ELEM/LAW51/4: 副材料4についての結果
      この場合、以下のオプションが相毎に表示できます:
      • /ANIM/ELEM/P
      • /ANIM/ELEM/DENS
      • /ANIM/ELEM/ENER
      • /ANIM/ELEM/SSP
      • /ANIM/ELEM/EPSP
      • /ANIM/ELEM/TEMP
      • /ANIM/ELEM/VOLU
      • /ANIM/MASS
  9. 2次元ソリッド要素と3次元ソリッド要素では、材料則24に/ANIM/ELEM/DAM1DAM2DAM3を使用できます。これらの値は損傷の主値となります(クラックの局所座標での値)。
  10. 要素時間ステップは、この要素について要素時間ステップがRadiossによって計算される場合のみに表示されます。計算に節点時間ステップが使用される場合(/DT/NODA)、要素時間ステップはアニメーションに表示されません。